長瀬中学校にラグビー・アルゼンチン代表がやってきた!

ラグビーワールドカップが開幕して1週間。
日本代表は開幕戦でロシアに30-10で勝利しました。

花園での試合は、9月22日に行われたイタリアvsナミビアを皮切りに、あと3試合行われます。
そんな花園でも試合を行うアルゼンチン代表から8名の選手が、9月26日(木)に長瀬中学校を訪問しました。

左から、ファン・マヌエル・レギサモン選手、ファン・クルス・マリア選手、マティアス・オルランド選手、トマス・クベッリ選手、ルーカス・メンサ選手、ロドリゴ・ブルーニ選手、マイコ・ビバス選手、トマス・レサーナ選手。

まずは長瀬中学校吹奏楽部によるアルゼンチン国歌の演奏と、全校生徒による斉唱で選手たちを出迎えます。

次に日本の伝統楽器である「琴」を演奏。「さくらさくら」が披露されました。

琴の美しい音色が体育館中に響き渡ります。

続いては、生徒会が日本の遊びを伝授します。
「お手玉」「けん玉」「福笑い」の3つをデモンストレーションし、その後選手たちが体験。

お手玉を体験するトマス・クベッリ選手。お上手!

なかなか成功しないけん玉に、苦笑いの選手たち。

ファン・マヌエル・レギサモン選手。けん玉に取り組む顔は、真剣そのもの。

お手玉とけん玉は選手たちにプレゼントされました。
今頃チーム内で流行っているに違いありません。

福笑いは、目・鼻・口がないトライくんボードに目隠しした選手が顔のパーツを置いていきます。

挑戦するのはマイコ・ビバス選手。

完成したのがこちら。

これはこれで、かわいいトライくんが完成。

続いては、アルゼンチン代表の8選手と長瀬中学校ラグビー部3年生によるパス交換。
生徒の上をボールが通過します。

パス交換の様子↓

ラグビー部とのスクラム対決も行われました。

3対3で組まれたスクラム。長瀬中学校のラグビー部が押し勝ちました。

スクラムを組んだ倉島くんは、「めっちゃ大きくて、押してもびくともしませんでした。土曜日は花園で観戦するので、アルゼンチン代表を応援します」と話してくれました。

アルゼンチン代表のファン・マヌエル・レギサモン選手は、「国歌にとても驚きました。みなさんのおもてなしに感謝します。たくさん力をもらったので、次のトンガ戦で勝つための準備は整いました」と話し、交流は終了。

サイン入りジャージがプレゼントされました。

明日(9/28)は花園ラグビー場でアルゼンチンvsトンガの試合が行われます。ホッケー梶間だけでなく、長瀬中学校のみんなもアルゼンチンを応援しているはず。
頑張れアルゼンチン代表!

最後には記念撮影も。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com