ラグビー場前の「チェリーストーン」がリニューアル、新商品続々 花園とともに永遠であれ!

ラグビー場前のパン屋さんといえば、「チェリーストーン」。
観戦の前にカレーパンを買って、食べながら試合に熱中して…と、聖地・花園に来たら必ず寄るというファンも多いはず。
そんなチェリーストーンがリニューアルオープンし、新製品が続々登場しているのです。

小阪中学校の職業体験で、2年生の2人がインタビューしました。左から田中くん、金谷くん。

新装開店したのは9月14日(土)。ラグビーワールドカップ前に絶対にオープンさせるんだという強い意思を感じる日付です。

場所は変わらず、マンションの1F。レンガ造りの壁に、ガラス張りで明るく。

新しくできた厨房の外壁には、ラグビー場も描かれている。どこにあるか探してみよう。

「生産効率を上げて、商品開発をしたかったのでリニューアルに踏み切りました」と話すのは店主の山崎さん。親子2代で店舗を切り盛りしています。
1987年にお父さんが開業し、32年め。何度か近場に移転をしながら現在の場所に。東花園の「まちのパン屋さん」として根付いています。

パン=ヤマザキさんで覚えやすい。

「リニューアル後は今までのお客さんに加えて、サラリーマンの方など購買層が広がりました」と変化を口にします。
取材に訪れた日も、比較的落ち着いている午後の時間帯…とのことでしたが、次から次へと人がお店に吸い込まれていきます。

人がいない一瞬の隙をついて撮影した店内。黒と木目調のディスプレイで統一されています。

売り場面積は以前の1.5倍ほどになったため、店内も回りやすくなりました。
前の店舗と比べても、バスケットやトレーなどのディスプレイにも変化が出ています。「見た目のおいしさ」にも、より一層力が入っています。
「今後は外にカフェスペースも設けていきたい」と山崎さんは意気込みます。

パンを選ぶときのワクワク感も1.5倍に。どれもおいしそうでめちゃくちゃ迷う。

パンの種類が増え、新商品も続々登場。
「ゴマダンゴ」は1個100円とリーズナブルながらも満足度が高い売れ筋。店内の一番目立つ場所に並んでいます。
これから季節商品もどんどん出していくとのこと。

もちのような生地の中にはこしあんがたっぷり。2個で190円に。

塩パン、カレーパン、クロワッサンなど定番の人気商品はますます売り切れのスピードが加速。
焼きあがったそばから次々と売れていきます。

できたての「塩パン」(1個100円)。焼き立てが一瞬でなくなった。ラグビー的にいうと仕事のできるスタンドオフ的ポジション。

「花園黒カレーパン」(1個180円)。見るからにうまい。手堅く実直に結果を出してくれるフランカーという感じ。

チェリーストーンの代名詞ともいえる「花園黒カレーパン」も、またたく間にトレーが空に。

ちなみに「黒カレー」の由来はこの中身。ブラックココアを使用し、コクを出しています。

嗚呼、本当は全商品紹介したい。ピザに、マフィンに、バゲットも最高だ。それからもちろん「花食」こと食パンも。
花園に一番近いパン屋さん、チェリーストーン。花園とともに、永遠であれ。

■チェリーストーン
住所:東大阪市吉田6-6-40
営業時間:7:00〜19:00
定休日:月曜日
TEL:072-965-3357
駐車場:なし(近くのコインパーキングへ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

mihorobot

mihorobot東大阪探検隊・記者

投稿者プロフィール

生粋の八戸ノ里っ子。人気の八戸ノ里東小・小阪中学校校区に住んでいる。
取材へ行けば、同級生のお父さんがやってるお店だった・・・ということが多々あり。
尊敬する人は藤子・F・不二雄先生。

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com