FC大阪 2020年シーズン始動! 今年のチームスローガンは「凌駕」

 
   

先週、布施戎神社で必勝祈願を行ったFC大阪。

1月14日(火)J-GREEN堺(大阪・堺)にて始動式が行われ、2020年シーズンが始まりました。

選手の表情から、今年にかける思いが伝わってきます。選手29名(新加入2名)全員が揃いました。

まずはじめに、吉澤正登会長のあいさつからスタート。

今年にかける思いを熱く話す吉澤会長。

「今年は超攻撃的なサッカーで、負けたとしてもたくさん点を取って負けた、という試合にしたい。ここ数年、ほとんどのチームが優勝をせずにJ3に上がっている。FC大阪は優勝して、Jリーグに行きましょう」と選手を激励します。

次に、疋田(ひきた)晴巳社長、塚原真也監督のあいさつと続きます。

FC大阪カラーのネクタイが良く似合う塚原監督。

「今年は勝負の年。選手には2つお願いがあります。
1.準備を100%する
2.練習からハードワークする
練習から100%を出し切って、HondaFCに勝って優勝しましょう!」と、短い言葉に重みを感じます。

左から、江郷下奨、川西誠、和田健太郎選手。今年は、川西選手の全試合出場を期待!

そして、新たにヘッドコーチ(HC)に就任した平野将弘HC。

23歳という若さですが、15歳のときから海外でコーチングを勉強。

「戦術的なことや、ゲームインテリジェンスを、日頃の練習から落とし込んでいきたい。選手、監督、コーチ三位一体となって、同じ目標に向かっていきましょう」と話します。
23歳ですが、海外経験豊富。FC大阪にどのような風を起こすのか、とても楽しみです。

最後に新加入選手2名の紹介。

緊張した面持ちの2人。

写真左から、GK・田中大貴選手、DF・美馬和也選手。
田中選手は、栃木ウーヴァFC(現:栃木シティフットボールクラブ)から移籍。美馬選手は京都産業大学から新加入しました。

そして、今年のチームスローガンは「凌駕」。
「ライバルたる他チームを凌駕することはもとより、今までの自分たちを、そしてまだまだ先にある様々な課題を凌駕していく。昨年のチームを上回り、強いFC大阪を作っていく」という意味が込められています。

昨シーズンJ3に参入したFC今治とは、昨年の開幕戦と第16節で対戦し、2試合ともスコアレスドロー。しかも第16節は、FC大阪がなかなか勝つことができず苦しんでいるときでした。上位との対戦でしたが、試合内容は互角。互角に戦える力はあったのに勝ち切れない、今年はそこをどう修正できるのかに注目します。

選手インタビュー

始動式後、稲垣雄太選手、川西誠選手、そして新たに加入した田中大貴選手、美馬和也選手、平野将弘HCにインタビューしました。

MF・稲垣雄太選手

ホッケー梶間の2020年注目選手!

ー昨シーズンを振り返って。
稲垣 途中から加入して、最初は試合に出してもらっていた。ただ、勝ちに繋げられなかった試合が多く、最後はなかなか試合に出る機会がなかった。昨年は満足のいく終わり方ではなかったので、今年はスタートからしっかり試合に出られるように準備します。

ー昨シーズンの反省をどうのように活かしていくか。
稲垣 満足のいく結果で終わらなかったということは、自分がやってきたことが正しくなかった。新しい監督・コーチに代わったので、自分が持っているものを活かしつつ、求められているものを理解していきたい。また、昨年はフィジカル面が良くなかったので、そこを強化して、チームに浸透できるようにします。

ー何得点何アシストが目標か。
稲垣 僕の持ち味はゴールに繋がるプレーやゴール前でのプレー。Jリーグをみると、1チームに2桁アシストをしている選手が何人もいるチームが強い。2桁得点2桁アシストを目指します。

ー今シーズンの意気込み。
稲垣 チーム側がJリーグ入りへの環境を整えてくれた。最近ではイベントに行くと、地域の方たちから「FC大阪頑張ってね」と声を掛けてもらえる。これもチームが作り上げてくれた。この努力に応えるためにも、優勝してJリーグに上がれるように、結果に貪欲になってがんばります。

FW・川西誠選手

川西選手の笑顔はいつ見ても眩しい!

ー昨シーズンを振り返って。
川西 昨年は苦しいシーズンでした。このようなシーズンは生まれて初めてで、良い経験になりました。

ー今年の目標は。
川西 全試合出場することは最低条件。20点取って得点王になって、チームに貢献したいです。

ー今シーズンの意気込み。
川西 優勝です!

GK・田中大貴選手

得意なプレーは、シュートストップとビルドアップ。

ーFC大阪の印象は。
田中 非常に明るいチーム。

ーFC大阪にどうようなことをもたらしたいか。
田中 求められていることをすれば、自然とチームのためになると思うので、そこをがんばります。

ー今シーズンの意気込み。
田中 まずは試合に出場する。無失点で抑えて勝って、Jリーグ入りに貢献します。

DF・美馬和也選手

得意なプレーは、後ろからの攻撃参加と運動量。

ーFC大阪の印象は。
美馬 元気があって、上を目指しているチームという印象です。

ーFC大阪にどうようなことをもたらしたいか。
美馬 自分が目立つというよりは、少しでもチームのためにできることを探していきます。

ー今シーズンの意気込み。
美馬 1試合でも多く試合に出て、チームに貢献できるようにがんばります。

平野将弘ヘッドコーチ

サウスウェールズ大学のサッカーコーチング科を首席で卒業。

ーFC大阪の印象は。
平野 攻撃的な選手が多い。これを強みに、我々がこういうサッカーをしたいというよりは、こういう選手がいるからこのサッカーをしよう、と選手に合わせて強いチームを作っていく。堅守速攻で、縦に早いサッカーをします。

ーFC大阪にどうようなことをもたらしたいか。
平野 チームとしての目標はタイトルを取ってJ3に参入すること。僕が持っている海外で養った知識、培った経験を日頃の練習から落とし込む。昨年J1リーグを優勝したのは、横浜F・マリノス、天皇杯を優勝したのはヴィッセル神戸。海外の力、知識、やり方、方向というのは絶対に必要になってくるので、JFLレベルでも落とし込んで、突き進んでいきます。

ー今シーズンの意気込み。
平野 日頃の練習から全力で仕事をして、選手、ファン、フロントの信頼を掴み取って、目標を達成します。

 
ホッケー 梶間

ホッケー 梶間

投稿者プロフィール

山口県出身。
大学生のときに大阪にやってきました。
高校からホッケーを始め、現在もやっています。
なのでホッケー梶間です。
10chとYouTubeを見て生きています。
食べに行ったお店の中で1番カロリーが高そうなものをだいたい注文します。

スポンサーリンク

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

ついに物販に進出!週ひがエコバッグ販売中。

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

Honya Club.com
ページ上部へ戻る