なにわのデスパイネにベーブ・ルース!? 投打が噛み合ったファルコン、TOYOTA HK BROTHERSを圧倒 大阪マンデーベースボールリーグ

5月27日(月)、何の日か覚えていますか?
この日は月曜日、そう大阪マンデーベースボールリーグ(OMBL)の日です。

これまで18チームを2つの予選リーグに分けて戦いが繰り広げられていました。現在は予選が終了し、上位3チームずつ計6チームの準決勝リーグと、その他の順位決定リーグが行われています。準決勝リーグで上位2チームに入ると、決勝に進出。優勝すると、神戸スパイリーリーグ優勝チームと対戦します。

週ひがは、金岡公園野球場で行われた準決勝リーグの取材に行ってきました。

TOYOTA HK BROTHERS 5-9 ファルコン

この日、TOYOTA HK BROTHERS(以下、HK)とファルコンは2試合連続同カードの対戦。1試合めは最終回に2点を加え逆転したHKが、6-5で勝利。両チームともピッチャーを交代しての2試合めとなりました。

ファルコンの先発投手は、細井。

1回表、HKの攻撃。1番・芝田の打球はファーストフライかと思われましたが、落球で出塁します。すると、すぐさま盗塁し2塁へ。2番・新福、3番・光は凡退しますが、4番・小笠原がセンターへのタイムリーツーベースを放ち、先制します。
5番・黒崎の打球は、センター前へ。この打球で2塁ランナーがホームに還ってきますが、センターのナイス返球によりアウト。追加点は与えませんでした。

ホームで刺すプレーは、カッコイイ!

1回裏、1点を追うファルコンの攻撃。

HKの先発投手は、東篠。

まずは、先頭バッターの川本がセンター前ヒットで出塁し、盗塁で2塁へ。2番・熊谷も内野安打で出塁し、1塁3塁と1打同点のチャンスを迎えます。3番・迫田の打球は浅いフライとなりますが、レフトとサードの間に落ち、1-1の同点となります。
続く4番・岩佐戸は内野フライに倒れますが、5番・木佐貫、6番・大内が連続タイムリーヒットを放ち、3-1とリードして1回裏の攻撃を終えます。

6番・なにわのデスパイネこと、大内。

1点でも詰めておきたいHKは2回表、先頭バッターの才納が内野安打で出塁。しかし後続が倒れ、得点を奪うことはできません。

2回裏、ファルコンの攻撃。先頭バッターの藤田が左中間へのツーベースで出塁。
8番・細井は四球を選び、1塁2塁となります。すると、2塁ランナーが3塁への盗塁を成功させ、1塁3塁に。9番・池本の打球は内野ゴロとなりますが、3塁ランナーがホームに還り、1-4とします。さらに、1番・川本のセンターへのタイムリーヒットやサードゴロの間にランナーが還り、この回も3得点。1-6とリードを広げます。

2イニング連続で打者8人の猛攻。

少しでも点差を縮めたいHKの3回表。先頭バッター・芝田がショートの悪送球で出塁します。2番・新福の打球はレフトオーバーのツーベースヒットで、2塁3塁とチャンスを作ります。3番・光、4番・小笠原は凡退しますが、5番・黒崎が四球を選び、2アウトながら満塁のチャンス。しかし、6番・才納がショートフライに倒れ、点差を縮めることはできませんでした。

ショートを守る岩佐戸。1試合めでは、先発を務めました。

1回、2回と3点ずつ加えたファルコンの3回裏の攻撃。先頭バッターの細井がレフトオーバーのツーベースヒットで出塁します。続く9番・池本は、ライトライナーでアウトとなりますが、1番・川本がライト前ヒット。1塁3塁と、さらなる追加点のチャンスを得ます。
1塁ランナーがすぐさま盗塁。2塁3塁となり、2番・熊谷の打球はサードゴロとなりますが、ファーストへの悪送球で、7点めが入ります。3番・迫田もヒットで繋ぎ、4番・岩佐戸が左中間への2点タイムリーツーベースヒット。1-9と、この回も3点を加えます。

「カメラがあると緊張します(笑)」と言いつつも、きっちり打点をあげる4番・岩佐戸。

4回表のHKの攻撃は、先頭バッターの島本が左中間へのツーベースヒットで出塁します。

反撃となるか…。

しかし後続が倒れ、この回も点差を縮めることはできません。

4回裏、HKはピッチャーを交代。

リリーフピッチャーの芝田は、サイドスロー。

すると芝田は、ここまで毎回3得点を奪っていたファルコン打線を三者凡退に抑えます。

初の三者凡退に抑え、流れを持って来たいHKは5回表、先頭バッター・新福は倒れますが、3番・光がセンター前ヒットで出塁。続く4番・小笠原が打った初球は、ライトを大きく超え、そのままホームランに。3-9と点差を詰めます。

ダイヤモンドを颯爽と駆ける小笠原。HRダービートップとなる3本め。

さらに、5番・黒崎のツーベースヒット、サードのフィルダースチョイス(送球する塁の選択ミス)などがあり、さらに1点追加。4-9と5点差まで詰め寄ります。

5回裏のファルコンの攻撃は無得点。

OMBLには「試合開始から90分を超えての次の回には進まない」というルールがあるので、6回が最終回となります。
すると、先頭バッターが意地の内野安打で出塁。その後2アウトとなりますが、3番がライト前へのタイムリーヒットを放ち、5-9と4点差まで追い上げます。

高めのボールを捉え、追加点。再び逆転劇となるか…。

しかし反撃もここまで。

5-9でファルコンの勝利となりました。

最後はもちろん笑顔であいさつ。


勝利したファルコンの4番・岩佐戸選手と、1人で6回まで投げきった細井投手にインタビューしました。

ベーブ・ルース風にと、このポーズ。

ー勝因はどこでしょうか。
岩佐戸 初回に3点、2回、3回にも追加点が取れたのが勝因。打てるときに打つ、取れるときに取るがチームのモットーです。大量得点で気持ちの良い試合でした。次の試合は6月10日なので、それまでに今日の疲れを取って、次戦も勝てるように準備します。

ー今後の目標を教えてください。
岩佐戸 先のことは考えずに、まずは目の前の1戦を勝ちに行きます!

細井投手

何も言わずともこのポーズを取ってくれました。

ー最後まで1人で投げきりました。試合を振り返ってください。
細井 点数は取られてしまいましたが、味方の援護があったので、とても投げやすかったです。ピッチングだけでなく、バッティングでも結果が出せたので、勝利に貢献できて良かったです。

ー今後の目標は。
細井 (個人として)負けなしで来ているので、このまま勝ち続けていきたいです!

準決勝リーグ1勝1敗となった両チーム。しかしOMBLは勝ち負けではありません。
野球が好きでやっているんだから!

5月27日(月)の試合結果

左が勝ちチーム・同点は抽選となります。

金岡
トヨタクラブ新大阪 1-0 パラダイス
トヨタクラブ新大阪 4-1 パラダイス
TOYOTA HK BROTHERS 6-5 ファルコン
ファルコン 9-5 TOYOTA HK BROTHERS

吉原
タイヨーフレンズ 6-0 Red’s
住之江JAPAN 5-2 Red’s
オリオンズ 6-3 住之江JAPAN
オリオンズ 6-3 大阪06パイレーツ

門真
大阪アスレチックス 8-3 オーシャンズ
大阪アスレチックス 8-0 オーシャンズ
Respect Osaka(抽選勝) 5-5 Samurai Denkees
東大阪MetalCats 7-3 Samurai Denkees

深北
Faith 9-0 レッドリボン
レッドリボン 12-3 ビッグシャーク

※週刊ひがしおおさかでは毎週、大阪マンデーベースボールリーグの結果をトップページに掲載します。たまに写真も掲載します。

◾️大阪マンデーベースボールリーグ
日時:2月から12月まで
場所:東大阪市近辺の野球場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com