東大阪カレー遺産01 「恒河舎咖喱(ゴーガシャカレー)」で八戸ノ里からヒマラヤ山脈にトリップ!

この記事は
   

現在ブームが巻き起こる大阪のカレー。その旋風は、確実に東大阪にもやってきています。
進化を遂げ、ラーメンに続き日本を代表する食文化となろうとしているカレー。
この過程を後世に伝えるべく、「東大阪カレー遺産」として定期的に記事にしていきます。
第1回は八戸ノ里に11月オープンした間借りスパイスカレーショップ、恒河舎咖喱(ゴーガシャカレー)のカレー遺産です。

濃厚海老出汁ポークキーマ(週替わりカレー)

カテゴリ:スパイスカレー 辛さ:★☆☆☆☆

週替わりのスパイスカレーを提供する恒河舎咖喱。基本のカレーとターメリックライスに、副菜数種類をそえたスタイルです。
取材に訪れた日のメニューは、
・濃厚海老出汁ポークキーマ(900円)
・副菜3種(人参のアチャール、ジャガイモとシラスのサブシ、枝豆とクリームチーズのマサラ和え)
・トッピング スパイス煮玉子(100円)

辛さ控えめで海老の風味が口いっぱいに広がります。スパイスカレー初心者でも食べやすい。
副菜はそれぞれ単品でお酒のアテにしたいクオリティです。トッピングのスパイス煮卵はぜひつけるべし!

八戸ノ里に現れたヒマラヤ山脈

2020年11月にオープンした新店舗。八戸ノ里の中国風居酒屋「三六九」で日曜・月曜のみの間借り営業しています。

八戸ノ里小学校の南側。日月の営業日には、店先にメニュー表が出る。

本場のカレーを味わいに、インドまで出向いたこともあるという店主の中川さん。店舗名の由来はガンジス川を表す「恒河」から。気になることは、どこまでも追求する性格と見た!

登山好きで、エベレストにも行ったことがある中川さん。

インドで見た景色とスパイスに刺激され、地元で出店。SNSをはじめると少しずつお客さんが増え、売り切れる日も。超人気店になる日は近い!

盛られたサフランライスと副菜は連なる山、煮玉子から流れ出る黄身はガンジス河。
八戸ノ里からヒマラヤ山脈へトリップできるカレーが、ここにありました。
後世に語り継ぎたいカレー遺産に認定です。

店内はカウンターのみ。アジアな雰囲気が、カレーをこれまたおいしくする。

■恒河舎咖喱(ゴーガシャカレー)
住所:大阪府東大阪市下小阪4-6-9大東スペース102
営業時間:日・月曜日 12:00〜16:00L.O.(売り切れ次第終了)
定休日:火〜土、臨時休業あり
公式InstagramTwitter

スポンサーリンク

mihorobot

mihorobot東大阪探検隊・記者

投稿者プロフィール

生粋の八戸ノ里っ子。人気の八戸ノ里東小・小阪中学校校区に住んでいる。
取材へ行けば、同級生のお父さんがやってるお店だった・・・ということが多々あり。
尊敬する人は藤子・F・不二雄先生。

スポンサーリンク

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

俊徳道ゴールドラッシュ俊徳道ゴールドラッシュ

東大阪ローカルメディア的日常東大阪ローカルメディア的日常

東大阪街角定点観測特設サイト

まず密にならない東大阪名所案内

ついに物販に進出!週ひがエコバッグ販売中。

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

新型コロナウイルス感染症対策サイト(非公式)

プロ野球人名辞典

東大阪の今を知るツイート!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

LINEオフィシャル

週刊ひがしおおさかのLINEアカウントは、週に1,2回東大阪の情報をお届けします。ぜひ友達登録してください。

週間人気記事

この1週間の人気記事

Last Update 2021.10.26

Honya Club.com
ページ上部へ戻る