知ったか!第97回高校ラグビーダイジェスト③ 12月30日(土)2回戦

忙しい人のための高校ラグビー・ダイジェストレポート!
2回戦の今日は、シード校が登場。高校ラグビーのうち最も試合数が多い日で、計16試合が行われました。
(1日め、2日めはこちらから→ )

秋田からはるばる、ナマハゲも観戦にやってきた。鬼まで来る花園ってすごい。

大会3日目(12月30日)のトピックス

・初出場の昌平が東福岡からトライを奪う。
・秋田工の万能プレーヤーCTB児玉が大活躍。応援団にはナマハゲが登場。
・本日の好カードは石見智翠館vs常翔学園。シーソーゲームを制したのは石見智翠館だった。
・シード校の御所実業、2回戦でまさかの敗退。
・トライくんのマネージャー「なのはなちゃん」が、会場前で温かいスープを無償配布していた。

マネージャーっぽいことをしているなのはなちゃん、はじめて見た。

全試合ダイジェスト

茗溪学園 7-66 日本航空石川
留学生を有する日本航空石川は、大きな体を活かしてFWで圧倒。プレッシャーをかけられた茗渓は、思うようにプレーができない。前半27分、マイボールスクラムから左へ回し、高校日本代表候補の11加藤がトライをあげた。スピード感ある「茗渓ラグビー」がようやく見られたが、1本のみに留まった。

石見智翠館 43-33 常翔学園
Bシードの石見智翠館と、1回戦から上がってきた常翔学園。前半1分に石見がトライをあげると、前半6分常翔も追うようにトライ。トライ合戦のシーソーゲームが続き、終盤には33-33の同点にもつれこむ。試合を決定づけたのは後半24分と27分、石見8齋藤の連続トライ。強いフィジカルで接戦を制し、3回戦へと駒を進めた。

東海大仰星 57-12 熊本西
1回戦で完封勝利した熊本西が、前回大会準優勝の東海大仰星に挑む。モールで何度も攻めるが、仰星の低いタックルで前に進むことができない。逆に仰星は相手のミスを自分たちのものにしターンオーバーからトライするなど、得点を重ねていく。終わってみれば大差だが、熊本西は最後まで自分たちのスタイルを貫き、花園を後にした。

桐蔭学園 120-0 飯田
この日最も点差が開いたゲーム。Aシードの桐蔭学園は前半2分のトライを皮切りに、前後半で計18本を奪い地力を見せつけた。一方、大観衆が見守る飯田は後半中盤ようやくオフェンスに回るが、桐蔭学園の分厚い壁を破ることはできなかった。

御所実 17-22 報徳学園
1回戦、100点ゲームで富山第一を退けた報徳学園が、勢いに乗りBシードの御所実業を破った。前半序盤から15雲山を中心に、展開ラグビーでテンポよく攻める。御所の激しいタックルを受けながらも、接点で負けない報徳。御所は後半18分、30分とトライをあげ追い上げるが、時間切れ。シード校で唯一の敗退となった。

昌平 7-68 東福岡
昨年覇者の東福岡に、全国初出場の昌平が挑む構図。一方的な試合になるかと思われたが、昌平はディフェンスで粘る。前半18分には敵陣ゴール前東福岡のキックを10鳥居がチャージ。再度鳥居が拾い上げて初トライをあげ、一時7-7の同点に。後半は東福岡の猛攻で8トライを奪われるが、初の花園にしっかりと爪痕を残した。

土佐塾 12-12 郡山北工
1回戦から勝ち上がってきた、実力校同士の対決。前半は土佐塾が12-7と僅差でリードし折り返す。自慢のFWで攻め追い上げる土佐塾は終了間際の後半30分、敵陣ゴール前のラックからキャプテン4髙橋が持ち出しトライを決める。12-12の引き分けに。抽選の結果、郡山北が3回戦に進出した。次戦は昨年優勝の東福岡と対戦する。

尾道 38-0 若狭東
尾道が2試合連続無失点で次戦に進出。広くエリアをとって攻める尾道が終始ゲームの主導権を握った。判断力が光る9新和田は相手キックをキャッチしインゴールに飛び込むなど、2トライをあげ勝利に貢献。若狭東は試合終了間際のロスタイムにようやくアタックのチャンスを得たが、得点には至らなかった。

大分舞鶴 5-38 中部大春日丘
展開ラグビーが持ち味のBシード中部大春日丘と、FWを武器に初戦を突破した大分舞鶴。0-12で迎えた前半10分、大分舞鶴は相手陣ゴール直前のラインアウトからモールを形成し、3丸田がトライをあげる。しかし走力で勝る春日丘を止めることはできず、その後失点を重ね涙を飲んだ。

長崎南山 20-26 目黒学院
試合開始早々、目黒学院が8シオネの個人技のトライで先制する。12分にもシオネの個人技で、前半終了間際にも残り10mのラックからボールを持ち出してそのまま突破してトライを上げるなど、8-21と目黒学院がリードして前半を折り返す。
このまま目黒が圧勝するかと思われたが、後半は長崎南山が走力で上回り猛追。20-21まで追い詰めるも、あと一歩及ばなかった。

明和県央 7-41 秋田工
大会屈指の注目選手、秋田工の児玉が登場した。190cmを超えるCTBで正確なキックとパスを繰り出し、明和県央のディフェンスを切り裂く。後半5分にはコール前スクラムから5人のディフェンスを弾き飛ばして個人技でのトライを上げるなど、パワー、スキル、クレバーさを兼ね備えるプレーぶりで観客を魅了した。

大阪桐蔭 57-14 日川
タレント集団大阪桐蔭がBKの展開と連携から日川に快勝した。自陣からも積極的に走って敵陣に入り、松山兄弟、10髙本などが華麗なステップでディフェンスラインを抜けてトライを次々に上げる。アタック力に強みのある日川もこの日は防戦一方。
大阪桐蔭が優勝候補の一角らしい、小気味いいプレーで実力差を見せつけた。

國學院栃木 14-48 國學院久我山
國學院対決。久我山が14衣笠の走力で先制トライを上げると、栃木はモールを押し込み1トライを返し逆転する。拮抗した試合になるかと思われたが、久我山はここからギアを一つ上げ、走力で敵陣深くに攻め込むと確実にトライを積み上げる。栃木は終了間際にようやく2トライ目を上げ14-48で試合が終了した。

佐賀工 73-0 東海大静岡翔洋
佐賀工のノーホイッスルトライから試合が始まる。その後も10中西、11水間、12小柳、14坂井の高速BKが縦横無尽にが走り回り、東海大静岡翔洋のディフェンスを機能させない。さらに佐賀工はモールでも力を発揮。FWでもBKでも強みを見せ、トライを量産し快勝した。

鹿児島実 14-78 流通経済大柏
流経大柏が大型FWのパワープレイで鹿児島実を圧倒した。開始1分で5八木澤がゴール前でディフェンスをこじ開けてトライをすると、8分にはモールから、14分にはスクラムを起点に連続トライ。早々に勝負を決めた。鹿児島実は少ないチャンスのなか前半21分、後半10分に良いアタックを見せ2トライを奪った。

京都成章 54-0 黒沢尻工
京都成章がBKの速く長いフラットなパスで黒沢尻工を翻弄する。9片岡の動きに合わせて13南部、15二村などが角度をつけて走り込み、黒沢尻工のディフェンスは後手に回る。前半を26-0で折り返すと、後半もトライラッシュ。黒沢尻工もよく粘るも54-0で京都成章が大勝した。

【関連記事】
知ったか!第97回高校ラグビーダイジェスト 12月27日(水)1回戦①(2017.12.27)
知ったか!第97回高校ラグビーダイジェスト 12月28日(木)2回戦②(2017.12.28)

ラグビーフリーペーパー「DAEN」2.5号(花園特別号)は高校ラグビーにて配布中!
会場(第1グラウンド)正面入場口すぐ18ゲート前のプログラム販売所にて設置しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

mihorobot

mihorobot東大阪探検隊・記者

投稿者プロフィール

生粋の八戸ノ里っ子。人気の八戸ノ里東小・小阪中学校校区に住んでいる。
取材へ行けば、同級生のお父さんがやってるお店だった・・・ということが多々あり。
尊敬する人は藤子・F・不二雄先生。

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク


スポンサーリンク

ラグビーの話をしよう

carry_top1東大阪カレーパン会

r_meshi_top東大阪ラグビーめし展開中

ラグビーフリーペーパーDAEN創刊号

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

子どもたちの健全育成をサポートする。

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

android_hedderついに出た!週刊ひがしおおさかのスマホアプリ。絶対に落とそう。

TopLeagueNittei201516Bジャパンラグビートップリーグの日程表。実は公式より見やすい?

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

chitose_sosu


プロ野球人名辞典

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
週ひがLINE@は東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com