高校ラグビー準々決勝  天理懸命のディフェンスも桐蔭学園のパワーに屈服 ベスト4ならず

待ちに待った第93回全国高校ラグビー大会。今回は、5日目(3日)に行われた、準々決勝の模様をお届けします!

大観衆の前で

久々の花園でベスト8進出を果たした奈良県代表天理と、3年ぶりの優勝を目指す神奈川県代表桐蔭学園。

桐蔭学園の応援

堅実なディフェンスとドライビングモールで攻める天理と、ラックからサイドアタックで応戦する桐蔭学園の息詰まる熱戦は、後半途中から桐蔭がフィジカルの差を見せつけて26−14で勝利しました。

はためく「天理」の旗

走り込みを砂地の上で行い、足腰を鍛えてきたという桐蔭学園は、試合開始早々の2分、ラックから10横山がトライ。天理ディフェンスがタックルに入る瞬間、レベルが違う加速力で抜き去り、7−0とします。

集散の早い桐蔭のアタック

続く9分には天理のラインアウトでのミスにつけ込んで、トライを奪い12−0とします。

一方的な試合になるかと思われた流れでしたが、その後は天理がうまくディフェンスし得点を許しません。

天理のデュフェンス

前半終了間際、天理は自陣のスクラムからBKで展開。うまく桐蔭のデュフェンスの裏を掻いて、トライを上げ、12−7で前半を終えます。

天理も応戦

後半、すぐにまたも天理が攻めます。残り15mのラインアウトから得意のドライビングモール。6安居が抑えて14−12。逆転します。

天理スクラムから

圧倒的な加速力とパワーで他校を圧倒してきた桐蔭学園。天理に一時リードは許しましたが、13分にラックから4古川、24分に7佐々木が同じくラックからのサイドアタックで2トライを奪い、26−14。力の差を見せつけました。

桐蔭、意地のトライ!

 

1-DSC01324

文:前田寛文 @MaechanYK
写真: @mihorobot

関連した記事
高校ラグビー大会二回戦から抜粋 留学生対決は目黒に軍配!札幌山の手、花園で正月を迎えられず
高校ラグビー大会二回戦から抜粋 國學院栃木、あと一歩!優勝候補大阪桐蔭相手に大接戦
高校ラグビー大会二回戦から抜粋 鍛えられた身体能力が爆発!大阪朝高が72−7で勝利

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

MaechanYK

MaechanYK東大阪探検隊隊長・編集長

投稿者プロフィール

特定非営利活動法人週刊ひがしおおさか代表編集長兼東大阪探検隊隊長。
ふとした思いつきからはじめたWEBサイトが、もうすぐ10年。
もっともっと影響力を持ったサイトにしていきたいです。

好きなモノ:近鉄ライナーズ、阪神タイガース、競馬、ゲーム、プラモデル、楽でお金になる仕事。
嫌いなモノ:愛、本物

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com