高校ラグビー大会 大阪府予選終了、代表決定!

冬の風物詩「全国高等学校ラグビーフットボール大会」が今年もやってきました。

11月16日(日)近鉄花園ラグビー場で大阪府予選の決勝が行われ、年末年始の全国大会を前に熱い戦いが繰り広げられました。 

SONY DSC

第1試合 大阪朝鮮高級学校 vs 大阪産業大付属高校(以下大阪朝高、大阪産大)

大会常連校の大阪朝高と、ここ数年で力をつけてきた大阪産大。前半では大阪朝高が大きな身体を武器にガンガン攻め、3トライでリードします。このまま大阪朝高の圧勝かと思いきや、後半早々大阪産大がラックからのトライ。そこから両校一進一退の攻防を繰り広げますが、最後は大阪朝高がモールからのトライを取り36-14で大阪朝高の勝利となりました。 

SONY DSC

大阪朝高、トライの瞬間。

DSC09207-001

大阪朝高に負けじと攻めにいく大阪産大。

DSC02765-001

選手に声援を送る大阪産大の応援団。

第2試合 東海大付属仰星高校 vs 同志社香里高校(以下東海大仰星、同志社香里)

昨年全国優勝を果たした東海大仰星と、それに挑む形となった同志社香里。東海大仰星はFWとBKが一体となったプレーで4トライを取り、前半から相手を圧倒します。後半、なんとしても点を取りたい同志社香里は15山口のトライで取り返しますが、攻守ともに隙のない東海大仰星が59-7で勝利。昨年王者の風格を見せつけました。

DSC09685-002

前半から東海大仰星のトライが続きます。

DSC09625-001

相手にタックルし、攻撃を許さない東海大仰星。

DSC09439-001

なんとかボールを奪いたい同志社香里。

第3試合 常翔学園高校 vs 大阪桐蔭高校(以下常翔学園、大阪桐蔭)

ほぼ互角の戦いを見せた常翔学園と大阪桐蔭。前半は両校固いガードでトライを取らせず、大阪桐蔭のPGのみの得点となります。動きを見せたのは後半。常翔学園、大阪桐蔭、常翔学園の順にトライを取り合い、常翔学園が12-10で一歩リードします。このまま常翔学園の勝利かと思われたロスタイム。大阪桐蔭がゴールポスト前でモールを組むと、常翔学園はたまらずペナルティを犯します。PGが決まって13-12でノーサイド。劇的な幕切れとなりました。

SONY DSC

両校ともトライを取らせず、譲らない前半。

   

SONY DSC

後半12分、渾身のトライに喜びを見せる常翔学園。

DSC00523-001

逆転PGで勝利し、抱き合う大阪桐蔭。

大阪府予選はこの日で終了。大阪朝高、東海大仰星、大阪桐蔭3校の全国出場が決定しました。

全国大会は12月27日(土)から1月7日(水)にかけて、近鉄花園ラグビー場にて行われます。

SONY DSC

 文・写真:@mihorobot

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

mihorobot

mihorobot東大阪探検隊・記者

投稿者プロフィール

生粋の八戸ノ里っ子。人気の八戸ノ里東小・小阪中学校校区に住んでいる。
取材へ行けば、同級生のお父さんがやってるお店だった・・・ということが多々あり。
尊敬する人は藤子・F・不二雄先生。

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com