健康をまもる東大阪の誇り高き戦士たち「井藤漢方製薬」

先日、体調を崩した際、いつもの様に薬局で買った葛根湯のパッケージに目をやると東大阪の文字が。社名は「井藤漢方製薬」え?漢方??

IMG_7128

IMG_7129

そう言えば、この建物
DSC06225-001 この社名!
FullSizeRender
見たことありますよね?でも、どんな会社かわからない。薬のメーカーなの?なんなの??
という疑問を晴らすべく、またいつもお世話になっているお礼も兼ねて、中央大通り沿い、長田東にある井藤漢方製薬株式会社さんにうかがいました。

「医薬品、医薬部外品、化粧品及び健康食品などのメーカーです。主力製品は健康食品ですね。」
と笑顔で話してくれたのは、社長の井藤竜生さん47才。2007年に創業者であるお父様から引き継がれ、200名をこえる社員さんを束ねておられます。

DSC05859-001▲社長歴8年。「業績が谷の時に引き継ぎました」と笑顔でおっしゃられていました。

…健康食品ですか。不勉強です。知りませんでした。
井藤漢方製薬は健康食品業界の老舗で、創業は昭和41年(1966年)で、来年50周年。健康ブームの礎を築いた企業の一つです。

創業の地は、東大阪市若江東町。自宅兼事務所兼工場兼倉庫として出発されます。井藤社長の子供の頃は、会社の玄関先で商品を乾燥させることもあったんだとか。まさに家族一体になった経営。そんなお父さんの背中を見ながら「いつか自分がやるんだ」と思い、育ったといいます。

一度めの飛躍は1986年。西岩田に本社を構えます。昔の近鉄ハーツの北側にあったビルを覚えている方も多いでしょう。
その後1990年の水走工場を皮切りに、事業拡大にあわせて東大阪市各所に工場を開設、拡大。そして2005年、今の本社に移転という驚くべき急成長です。

DSC06179-001▲このスペースで、パーティーや懇親会をすることもあるんだそう

そんな井藤漢方製薬の東大阪工場を拝見しました。と言っても、外から見ると「これが工場?!」と思える建物。中央環状線の意岐部交差点から東へ100m。私、ここは倉庫なんだと思っていました。

▲東大阪工場。東大阪人なら一度は前を通っているはず。

対応してくださったのは、工場長の真鍋さんと川田さん。工場内の役割や作られる製品の特徴は真鍋さんが、会社の変遷などは川田さんがお話してくれます。

DSC05903-001

▲真鍋さん(左)と川田さん(右)「東大阪でおいしいラーメン知りません?」と逆取材されました。

ノウハウや商品の説明いただきながら、工場を見て回ります。「弊社の強味は、材料の搬入から製品の出荷まで、一貫してこの工場内で行っていることです。」と話すのは真鍋さん。
加工された半製品を仕入れることはなく、原材料を東大阪工場のなかで何日もかけて1つの商品を作り上げるのです。こうすることで、品質管理が徹底。それぞれの工場で、GMPなどの厳しい認証も所得しているのです。

DSC06035▲こちら「ソフトカプセル」と呼ばれる柔らかめの錠剤を生産する現場。

井藤漢方製薬を始めとする、パイオニアたちが開拓した健康食品産業。市場が拡大すると、大手の食品メーカーが参入します。その際にパートナーとしてともに商品を開発したのがノウハウを持つ老舗メーカーです。井藤漢方製薬は品質を武器に、大手メーカーや市場のリクエストに応え続けました。

DSC01293▲こちらはハードカプセルの生産機械。準備なども重要なセクション

「◯◯工場ができたときは私は入りたてで」
「あの設備が入った時は、みんなで休み返上で引っ越したよね」
などと、取材中もずっと会社が大きくなる過程を懐かしそうに、しかも誇らしげに語るスタッフの皆さん。
会社の成長に合わせて、地元から採用しつづけて来たんだとか。そりゃ、会社の成長が我が事になり、自分と一体化しまた自分の成長が会社を発展させるって、思えます。

DSC06055

▲最終的には目視でチェック。これも井藤漢方製薬の強味。

東大阪にあり、東大阪の人たちが、全国を相手にモノづくりをする「生粋の東大阪企業」井藤漢方製薬は、今世界市場にも目を向けています。

「日本は世界に先駆けて高齢社会に入り、世界中から注目されています。日本が生み出した『健康寿命』という文化は、世界に誇り胸をはって輸出できる文化ですよ」
とは井藤社長。

井藤漢方製薬の健康食品が、世界中の人たちの健康で豊かな生活を作っていく。その多くが、東大阪の人の手によって生み出されている。

DSC06194-001▲井藤漢方製薬の製品達。海を渡り、東大阪の底力を見せつけてほしい。

しじみの入った牡蠣ウコン+オルニチン。飲酒の機会が多い記者の常備薬でした!▲しじみの入った牡蠣ウコン+オルニチン。飲酒の機会が多い記者の常備薬です!

これから少し、誇らしい気分で葛根湯を飲めそうですね。あ、いつも風邪を治してもらっているお礼を言い忘れてきちゃいました。

文・写真:前田寛文 @MaechanYK

井藤漢方製薬株式会社
住所:大阪府東大阪市長田東2-4-1
TEL:06-6748-9000
代表者:代表取締役社長 井藤竜生
従業員数:230名 パート従業員を含む(2014年11月10日現在)
事業内容:医薬品・医薬部外品・化粧品及び健康食品等の製造、販売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

MaechanYK

MaechanYK東大阪探検隊隊長・編集長

投稿者プロフィール

特定非営利活動法人週刊ひがしおおさか代表編集長兼東大阪探検隊隊長。
ふとした思いつきからはじめたWEBサイトが、もうすぐ10年。
もっともっと影響力を持ったサイトにしていきたいです。

好きなモノ:近鉄ライナーズ、阪神タイガース、競馬、ゲーム、プラモデル、楽でお金になる仕事。
嫌いなモノ:愛、本物

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com