GK永井が吠えた!FC大阪、6試合ぶりの勝利はアウェイで4得点 J3参入圏内の3位に浮上!

この記事は
   

よっしゃー!!
これが、これがFC大阪ですよ。
アウェイ・宮崎で3位テゲバジャーロ宮崎に対して4得点で快勝。今日はほとんど文句のつけようのない戦いを見せてくれました。

この笑顔ですよ!何試合ぶりだろう…。

2020年10月11日(日)、JFL第19節(※1)でテゲバジャーロ宮崎(以下、宮崎)と対戦しました。
(※1)本来なら9月6日に行われる予定でしたが、台風のため今日に延期。

結果は4-0で勝利。順位もJ3リーグ参入圏内の3位(※2)に浮上しました。
(※2)日程の関係でFC大阪は他のチームよりも1試合多く戦っているので、第24節が終わるまでは暫定の順位。

宮崎の試合前の順位は勝点14で3位。FC大阪は勝点11で8位でした。
今季は新型コロナウィルスの影響でホーム・アウェイどちらかでしか試合を行いません。そのため、勝点で並んだ場合は対戦成績を優先。宮崎もJ3クラブライセンスを所有しているので、Jリーグ参入をかけ必ず勝利が求められました。

会場は串間市総合運動公園陸上競技場。

そんな中、なんと4得点。
塚原真也監督は「直近の宮崎さんは、開始1分で得点というのが多かった。ここをしのげばうちにチャンスが来るなと。その中で、水野が先制点を挙げてくれたことが大きかったです」と振り返ります。

今日の会見では笑顔も見られた塚原監督。

無失点で終えられたことに対しては、「相手のFW水永選手、梅田選手、サミュエル選手を特に警戒していた。(FC大阪の)DF3人やボランチとかなり時間をかけて練習しました」。(塚原監督)
結果的にこの3人にほとんど仕事をさせることなく、勝利につながりました。
また、ハイボールの競り合いでほとんど勝てたことも大きかったでしょう。

サミュエルをしっかりマークするDF附木雄也。

勝てば3位浮上というプレッシャーからか、ディフェンスで簡単に抜かれてしまったり、パスミスを連発したりと、序盤は思うようなプレーができません。
この状況を打破したのが、GK永井文也。
一番後ろから「相手にビビるな!もっと自分たちのプレーを出して行けや!」と喝を入れたのです。

さすが守護神。1番後ろからFC大阪を支えます。

その言葉に応えるようにチームは徐々に落ち着きを取り戻し、今季初の前半で2得点を挙げたのです。
さらに、今季の得点パターンはセットプレーからが多かったFC大阪。今日の4点はすべて流れの中からの得点でした。
「最近の試合では、流れの中で最後のシュートを決めきるというのができず。それでも『得点力はあるので悲観的になるな』と話していました。これがプレーとしてようやく形となってくれました」。(塚原監督)

まずは前半30分の1点め。
中央でボールを受けたMF水野匠弥がドリブルを開始。「前のスペースが空いていたので」と、ゴール前までそのまま攻め上がり、ペナルティエリア付近に差し掛かったときに左足を振り抜きます。
一度は相手の体に当たりますが、こぼれ球を再び左足で。これが右隅に決まって1-0と先制点を挙げます。

水野と抱き合って喜ぶ塚原監督。

興奮冷めやらぬ中、さらにその3分後。
右サイドでボールを受けた水野は、相手を1人交わして再び左足でミドルシュート。相手GKは弾くこともできず、2-0で試合を優位に進めます。

ドリブルで相手を交わす水野。利き足とは逆で2得点!

2得点を奪い守備にも余裕が出てきたかと思われましたが、DFのクリアミスが今日も目立ちます。
中途半端にクリアしてしまったボールを奪われ、再びカウンターを食らう。リードしているののにも関わらず、負けているかのような雰囲気でした。
得点力は間違いなくあります。FC大阪の今の課題はここでしょう。

それでも前半を2点リードで折り返します。

後半の主導権を握るのもFC大阪。
まずは後半15分。
相手ゴール前まで攻め込み、FW川西誠がシュート。相手に当たった跳ね返りのボールをMF齊藤隆成が決めきり、3点めを奪います。

今季初得点の齊藤。ピンあまなのはごめんなさい…。

その後も攻撃の手を緩めることなく、後半28分にはFW須ノ又諭のダメ押しループシュートが決まって4-0。
後半は危なげなく戦い、6試合ぶりの勝点3を手にしました。

またこの笑顔を次節で見せてくれ!

得点は奪えていたものの、しばらく勝利から遠ざかっていたFC大阪。
今日は互いにシュートは8本ずつ。少ないチャンスを決める力がついてきていると言えます。
残るは6試合。あとはDFのクリアミスを減らし、今日のような攻めができれば必ず勝てる。残りを全勝して、優勝してJ3リーグに行こうじゃないですか!

次節は10月24日(日)、アウェイで鈴鹿ポイントゲッターズと対戦。
これからも負けられない戦いが続きます。次節も勝利を!


インタビュー動画版


■FC大阪公式ホームページ:FC大阪公式ウェブサイト

■公式記録:JFL公式


スポンサーリンク

ホッケー 梶間

ホッケー 梶間

投稿者プロフィール

山口県出身。
大学生のときに大阪にやってきました。
高校からホッケーを始め、現在もやっています。
なのでホッケー梶間です。
10chとYouTubeを見て生きています。
食べに行ったお店の中で1番カロリーが高そうなものをだいたい注文します。

スポンサーリンク

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

リーグワンを愛して2022

俊徳道ゴールドラッシュ俊徳道ゴールドラッシュ

東大阪ローカルメディア的日常東大阪ローカルメディア的日常

東大阪街角定点観測特設サイト

まず密にならない東大阪名所案内

ついに物販に進出!週ひがエコバッグ販売中。

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

新型コロナウイルス感染症対策サイト(非公式)

プロ野球人名辞典

東大阪の今を知るツイート!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

LINEオフィシャル

週刊ひがしおおさかのLINEアカウントは、週に1,2回東大阪の情報をお届けします。ぜひ友達登録してください。

週間人気記事

この1週間の人気記事

Last Update 2022.06.21

Honya Club.com
ページ上部へ戻る