日本代表、規律を保てずに10分間の空白を生み敗戦

6月18日(土)、愛知県豊田スタジアムにて、日本代表対スコットランド代表のテストマッチが行われました。スコットランドは昨年のワールドカップイングランド大会で日本が唯一負けた相手。リベンジを期し、昨年10月以来のベストメンバーで挑んだ試合、結果は13-26。完敗ながら、日本代表の進化を感じられた戦いでした。

ディフェンスは上々の出来。激しいぶつかり合いが繰り広げられました。

24,000人を超えるファンがスタンドを埋める中、国歌斉唱。日本代表のジャージを着た観客もともに歌います。

キックオフはスコットランド。切り返しはうまく前に出て、日本代表も悪くない立ち上がりです。しかし、先制したのはスコットランド代表でした。自陣でのペナルティーからしっかりGを決められ0-3とされます。このペナルティーの多さが、今日の試合の行方を決めるポイントになりました。
日本代表もすぐに反撃します。中盤でペナルティーキックを得ると、速攻。日本の宝、8マフィがゲインすると9茂野がパスアウトしたボールを10田村が2堀江へとつなぎ、トライ。Gも成功し7-3とします。

マフィはやっぱり規格外。なんども相手ディフェンスを突破した。

ところが時間が経つれ、ペナルティーの多さが目立ちます。
19分、23分と着実にPGで加点され7-9とされたあと、28分に田村が残り48mのロングPGを成功させると大歓声。10-9と再び逆転します。

すっかり頼れるキッカーに成長していた田村。

しかし、ここからが今日の日本代表のよくないところが出てきます。
まず、6ツイがモールでのオフサイドを繰り返しシンビン。続けて、15松島の代わりに入っていた23松田がプロフェッショナルノックオン。わざと反則でトライを防いだとして、認定トライを奪われます。
これでなんと、13人でプレー。そのまま10-16で前半を終えます。

素晴らしい仕事量だったが、シンビンだけがマイナス要因だったツイ。

大変な状況で後半をスタートさせなければならない日本代表。なんとか、後半スタートのキックオフを取って、時間を使いたいところでしたが逆にボールを奪われます。
スコットランド代表はそのまま猛攻を仕掛け、トライ。10-23。
追いかけるにはギリギリの点差にいきなり持ち込まれ、精神的にも厳しくなります。

抜擢された形の金。世界標準のプレーで2019年の主力候補に名乗りでた。

結局この試合はこの10分がキーポイントでした。
ブレイクダウンでも負けず、スクラムも後半からは優位に立ち、ラインアウトもなんとかしのぐ。
局面では負けているピースは見当たりませんが、規律を保てず得点を重ねられて試合の展開が厳しくなりました。

このあとは互いにPGが1本ずつ。13-26で試合終了。
後半、何度か攻め込みましたが取りきれず。まだまだチームが幼い印象を強く受けました。

徹底的にマークされていた立川。この状況でも力を出せれば、世界の名プレイヤーの仲間入り。

試合後、両チームのヘッドコーチは同じように「ディフェンスはよかった」と話します。そして、お互いの勝因と敗因も「規律」を上げました。
チームとしての成熟度が大きく響きました。それだけに第2戦が楽しみです。

また、接点で負けなかったこと、スクラムを修正できたことはもちろんサンウルブズでの経験が、チームのレベルを上げているからこそ。

今回出場のなかった東大阪出身の木津選手も「スーパーラグビーで体をぶつけ続けているからこそ当たり負けしなかった」と話します。

チームの底辺を引き上げたことは確実な日本代表。あと1週間で、どこまで積み上げられるのか。アタックをどこまで磨けるのか。最注目の試合は、25日味の素スタジアムでスコットランド代表との再戦です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

MaechanYK

MaechanYK東大阪探検隊隊長・編集長

投稿者プロフィール

特定非営利活動法人週刊ひがしおおさか代表編集長兼東大阪探検隊隊長。
ふとした思いつきからはじめたWEBサイトが、もうすぐ10年。
もっともっと影響力を持ったサイトにしていきたいです。

好きなモノ:近鉄ライナーズ、阪神タイガース、競馬、ゲーム、プラモデル、楽でお金になる仕事。
嫌いなモノ:愛、本物

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

    • ようはっぱ
    • 2016年 6月 22日

    豊田スタジアムでは、お仕事中、お声かけしてすみませんでした。
    サインもありがとうございました。
    私的には豊田スタジアム、すごーーーく楽しかったです。
    駅に降りたときからワクワク。
    去年、イングランドに行った時の興奮を思い出しました。
    花園ラグビー場も2019年にはそうなって欲しいなあーって思います。
    次の日も雨の中、枚方おつかれさまでした。
    楽しかったし、枚方市のラグビーの裾野の広さを感じた1日でした。
    25日はホーム花園ですねー。
    楽しみです!!

    • MaechanYK
      • MaechanYK
      • 2016年 6月 23日

      お声がけいただきましてありがとうございます。
      緊張してしまいました(笑)

      これからもよろしくお願いします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com