今シーズン、週ひがが注目した選手にインタビューをする「ノーサイド!トップリーグ」。
最終回は、満を持しての登場!WTBの島直良選手です。

トヨタ自動車戦、リコー戦ではスーパーラグビーのような快速プレーを見せ、花園を興奮の渦に巻き込みました。
入団5年め、若手から頼れるトライゲッターへと変身を遂げた島選手に直撃です。

DSC04084

インタビューはスーツ姿で。凛々しい印象の島選手。

ー前回の前田選手に引き続き、初登場ですね。実は、トヨタ自動車戦を観たときから、シーズン終了インタビューをお願いしようと思っていたんです。

 ええー!ありがとうございます。僕なんかでいいんでしょうか?

ーその謙遜される感じが、大好きで(笑)。昨年はプレシーズンリーグで公式戦初トライを決め、今年はトップリーグで2トライと好調でしたね。シーズンが終わった感想は、いかがですか?

 そうですねぇ…いい部分もあれば、悪い部分もありました。

ー例えばどんなところでしょうか。

 良いパフォーマンスができたのはアタック。悪かったのはタックルです。悪かった時ってだいたい考えすぎてるんですよ。考えるよりも、体を動かさないとダメなんです。思い切りが良かったときは、いい結果が出ています。

ーなるほど。思い切りが良かったのが、トヨタ自動車戦リコー戦ですね。脅威のスピードでトライを奪いました。

 ずっと「トライできないWTB」と言われてましたが(笑)なんとか取れました。

トヨタ自動車戦では若手選手でパスを回して、外から走り込んだ島選手が独走トライ。ご自身のトップリーグ初トライとなりましたね。

 相手のディフェンスに隙があったので、走りきることができました。

ーそこから勢いがついて、次のリコー戦でもトライ。これはステップでディフェンスをかわし、電光石火のごとく走りきったスーパープレーでした。本当に、この試合は神がかっていました!

速い、速い!リコー戦でゴールへと駆け抜ける島選手。

 僕も試合後にJスポーツでプレーを見返したんですが、「これ、本当に自分?」って衝撃を受けました(笑)アタックに関しては、リコー戦が一番よかったです。ただ、後半のディフェンスが悪かった。

ー良い部分も、悪い部分も出た、と。

 はい。前半はアタックがうまくいきましたが、後半でリズムが狂って相手のペースになって負けてしまいました。そのイメージが頭に残って、切り替えられずに次の試合に挑んでしまったのが反省点です。

ー厳しい自己評価ですね。

 持ち味は出せたと思いますが、まだまだです。リコー戦が終わった次の週から、全体練習の後、三原選手ファインガ選手と一緒に、タックルの猛練習を始めました。ファインガ選手にコーチ役をしてもらいました。

ーファインガ選手といえば、強烈なタックルが印象的でしたね。

 彼はポイントを決めてから、タックルに入るスピードが速いんです。足の踏み方や肩の位置などを、細かく教えてもらいました。僕は失敗を引きずるタイプなので、切り替えようと。

ー明るい印象で、そんなタイプには見えないですが…。

 普段は明るいですが、プレーのことになると考えすぎることがあります(笑)。できることが多い方でもないですし。ボールを持って走るのは好きですが、不器用です。

ーそこを課題にしながらも、トップリーガーになられているということは、相当な「輝くもの」があったからではないでしょうか。島選手の持ち味といえば、やっぱりスピードですね。

 ありがとうございます。そこを評価してもらっているんだと思います。

ーやはり昔から、スピードスターだったんですか?

 小学校の時は陸上をやっていました。ラグビーの方が好きだったのでこの道を選びましたが、僕、高校最後の年にメンバーから外れて、花園に出られなかったんですよ。

DSC04074

天理高校、近畿大学出身。当時の思い出を表情豊かに話す島選手。悔しい思いもたくさん経験。

ーえー!そうなんですか。

 はい。で、大学に入って、1年のころに監督(中島茂現総監督)に足の速さを評価してもらい、試合に出るようになりました。監督は、短所より長所を見て選手を起用する方なんですよ。

ー少しずつ、目立つようになったんですね。ライナーズに入団されてからは、昨シーズンから公式戦での活躍が増え、勝手に島選手の成長を感じています。ご自身で手応えを感じることはありますか?

 うーん、難しいですね…。毎年満足できてないです。ウイングとしてトライを取れたことは成長ですが、また次の課題が出てきますし。

ーやっぱり、ご自身に厳しい!

 すみません、ネガティブで(笑)でも、目の前にある課題を一つずつこなして、今シーズン良かったアタックに、磨きをかけていきたいです。不器用ながらスピードを活かしたプレーをしていけるよう、がんばります。

熱い火花が散った今シーズンの島選手。来シーズンも、スーパープレーに期待大です。

DSC04098

満を持しての抱っこ。記者mihorobotのうれしそうな顔。

選手インタビューはこれにて終了。坪井ライナーズ2年めの挑戦が始まります。
新年度へ向けて、MOVE FIRST!

【関連記事】
ノーサイド!トップリーグ File.1 野口大輔選手(2017.03.01)
ノーサイド!トップリーグ File.2 前田龍佑選手(2017.03.21)
ノーサイド!トップリーグ File.3 マイケル・ストーバーク選手(2017.03.23)

 
mihorobot

mihorobot東大阪探検隊・記者

投稿者プロフィール

生粋の八戸ノ里っ子。人気の八戸ノ里東小・小阪中学校校区に住んでいる。
取材へ行けば、同級生のお父さんがやってるお店だった・・・ということが多々あり。
尊敬する人は藤子・F・不二雄先生。

スポンサーリンク

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

ついに物販に進出!週ひがエコバッグ販売中。

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

Honya Club.com
ページ上部へ戻る