ラグビーワールドカップ開催に向け、東花園駅にフロアシートが出現

ラグビーワールドカップ2019日本大会(以下、RWC)開催まであと半年を切り、ますます盛り上がりを見せる東大阪。
そんな中、東大阪市花園ラグビー場の最寄り駅である、東花園駅に3月28日からフロアシートが設置されました。

駅名の下に、「花園ラグビー場前」という表記が。気づかなかった!

RWCを機に東大阪を訪れる人をはじめ、東花園駅の利用者にも開催を実感してもらいたいとの思いから「ラグビーワールドカップ 2019 大阪・花園開催推進委員会」が設置。
シートには、2015年大会時の試合写真がプリントされ、背景色にはそれぞれ意味が込められています。

改札からバスロータリーへの導線には、パープルのフロアシート。ナミビアvsジョージアの写真がデザインされています。

改札前は、レッドのフロアシート。イタリアvsルーマニアの試合写真が使用されています。

グリーンのフロアシートは、改札入ってすぐのコンコースに。写真はフィジーvsイングランド。

ナミビア、ジョージア、イタリア、フィジーは、花園ラグビー場で試合をするので、ピックアップして使われています。

大阪駅壁面にも設置されていて、今後は空の玄関・関西国際空港にも設置予定。11月2日の大会終了まで見ることができます。
RWC開催に向け、東大阪だけでなく、大阪全体も盛り上がってきました。開催まであと約5カ月。そのときが待ち遠しいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com