ストーバークがサンウルブズのスコッド入り うっすらと見えてきた、日本代表の背中

12月16日(月)、2月よりスーパーラグビーでの最終シーズンを戦うサンウルブズは追加スコッド(所属選手)を発表した。今年はトップリーグと実施時期が重なるため、メンバー選考に苦戦するサンウルブズだが、その中に近鉄ライナーズのマイケル・ストーバークの名前があった。
204cmの長身LO(ロック)。毎年ラインアウトに苦しむサンウルブズにとって、このワールドクラスのサイズはそれだけでも招集する意味があるだろう。

ただ、ストーバークは試合によってパフォーマンスの最大値と最小値の幅が広い。
「どこの国の代表やねん」といったプレーをする日もあれば、空気のようになる日もある。
先輩であるトンプソンルークの例を出すまでもなく、80分間すべての試合で、どの時間でもちゃんと働くのがLOに課せられた仕事。今のままでは、サンウルブズでレギュラーを取るのは難しいだろう。

2016-2017シーズンの東芝戦。この3年で結婚し、日本語も少しずつ覚えた。環境が変わりはじめ、彼も変わった。

しかし僕たちは、3年前の春にライナーズにやってきたときの彼を知っている。ラグビー先進国のオーストラリアからやってきた大男は見るからにオーバーウェイトで、とてもプロとは思えないメンタリティ。ちょっとした出稼ぎの気分が見え見えだった背の高い青年が、花園の第2グラウンドで一人でポツンと座っていたのを知っている。
そこからライナーズでコーチングを受けて、チームメイトと同じ時間を過ごし、ラグビーを覚え一つずつ階段を上り、チームと日本のことが好きになった。

九州電力戦のストーバーク。ラインブレイクしたときの眼が特徴的。

今年はチームリーダーの1人にも選ばれ、春はゲームキャプテンを務めた。ところが秋の公式戦は、バイス(副)キャプテン。まだまだ一進一退でブレがあるものの、その幅は少しずつ少なくなってきている。

サンウルブズの先には、日本代表がうっすらと見える。成長曲線を上げなければ到達しない場所だけど、うっすらと。

今シーズン初戦のNTTドコモとの練習試合後。

今、彼は日本語を一生懸命勉強している。しかし、チームでのコミュニケーションはまだ英語が中心だ。
熱い発言でチームを鼓舞することもあれば、言うべきことを言えないこともある。足らないことだらけ。スキルもメンタルもフィジカルも、リーダーシップもまだまだやらなければならないことは多い。
それなのに、いやだからこそ、僕たちはストーバークのことが好きだ。

まずは目の前のコカ・コーラ戦そして、トップチャレンジ全勝。全試合出し切って、そこから全てが始まるんだ。チームもストーバークも。

4年後8年後に、大人気になってテレビ番組に引っ張りだこになったマイキーが「次は近鉄でプレーをする」と言い続けてくれることを願って。
がんばれ、近鉄の巨人マイケル・ストーバーク!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

MaechanYK

MaechanYK東大阪探検隊隊長・編集長

投稿者プロフィール

特定非営利活動法人週刊ひがしおおさか代表編集長兼東大阪探検隊隊長。
ふとした思いつきからはじめたWEBサイトが、もうすぐ10年。
もっともっと影響力を持ったサイトにしていきたいです。

好きなモノ:近鉄ライナーズ、阪神タイガース、競馬、ゲーム、プラモデル、楽でお金になる仕事。
嫌いなモノ:愛、本物

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com