東大阪のバレンタイン! シチュエーション別にチョコレートを集めてみました

毎年この時期になると男性がワクワクするのがバレンタイン。
今年もその季節がやってきました。

週ひがでは、節分に「東大阪の恵方巻をいくつ集められるのか?!」と企画して、ホッケー梶間が東大阪中を走り回りました。
「バレンタインもやるぜっ!」と意気込みましたが、チョコレートは女の子が選んだほうが間違いない。
でも、ミホロボット先輩は妊娠中で、走り回るわけにはいきません。

そこで週ひがは秘密兵器を投入。

「顔出しは恥ずかしいから…」と似顔絵で。途中で横顔は出てくるので、お許しください!

東大阪出身のまきちゃん。似顔絵はそこそこ似ていると思います。

ということで、まきちゃんに東大阪にあるスイーツ店を走り回ってもらい、集められるだけ集めてみました。回ったお店を「本命チョコ」「友チョコ」など、シチュエーション別にレポートしてもらいます。

チョコレートを見るだけで幸せな気分になりますよね。

Calinrine(カランリーヌ)

「花園ラグビーショコラ」が有名な「カランリーヌ」。

店の奥にイートインスペースがあり、ケーキだけでなくドリンクもこだわっています。ママ友女子会にぴったりなお店。

「ロイヤルティーヌ」(350円)を購入しました。ミルクチョコレートと乾燥させたクレープの皮をミックスしたクランチタイプ。

食感も楽しい「ロイヤルティーヌ」。

カランリーヌはラッピングにもこだわっていて、お願いすればラグビーボール型の箱に詰めてくれます(別途275円)。

これで友だちの心も、ノット・リリース・ザ・ボール。

ラグビーワールドカップをきっかけに、ラグビーのことが好きになった「にわかファン」の友だちにあげるお店にピッタリ。

■お菓子の工房 カランリーヌ
住所:東大阪市池島町3-3-47
電話番号:0729-85-1381
営業時間:10:00~20:00
定休日:水
駐車場:あり


Liergues(リエルグ)

お店に入った途端に「本命チョコを選ぶならここ!」と思いました。
白を基調としたスタイリッシュなお店。どこをとってもインスタ映えします。

選んだのは、「マカロンマンディアンブラン」(650円)。

食べるのがもったいない!

口いっぱいにホワイトチョコの甘さが広がり、マカロンのもちっとした食感とナッツのザクザクした食感がおもしろい。
ドライフルーツのトッピングの甘酸っぱさがアクセントになっています。

バレンタインに合わせて、新商品も登場していました。

・「カリッとザックっとチョコクッキーシュー」(330円)。

外はパリパリのチョコレートとクッキーシュー、中は濃厚なチョコカスタードクリームが入っています。

・「フォンダンショコラ」(380円)

そのままでももちろんおいしいですが、温めると中から濃厚なチョコレートが溶け出てきます。シナモンが高級感を引き立てます。
どちらもがんばった自分へのご褒美として買うのもいいかも。

■パティスリー・リエルグ Patisserie Liergues
住所:東大阪市玉串町東3-1-11
電話番号:072-973-7194
営業時間:11:00〜18:00
定休日:日曜・月曜 ほか不定休はSNSでご確認ください
公式Instagram @lierguesofficial
公式Twitter @Liergues2
公式FB パティスリー・リエルグ Patisserie Liergues
アクセス:東花園駅から徒歩12分
駐車場:あり


LABHART(ラパート)

袋もかわいい「ラパート」。

チョコレートを一粒ずつセレクトできるので相手の好みに合ったチョコレートを選ぶことができます。1箱に、お父さんの好きなお酒のチョコレート、子どもが好きな甘いチョコレート…と、「家族に渡すチョコレート」。

赤い箱に入っていて、高級感が漂います。左上から「ルビートリュフ」「バニラ」「リギ」「ストロベリー」(920円+箱代363円 ※チョコレートは量り売り)。

私は彩りを重視して買ってみました。印象的だったのは「バニラ」。外はパリッと中にはガナッシュが入っています。口溶けが良く、バニラの風味が優しく口の中に広がりました。

■コンフィセリーラパート
住所:東大阪市喜里川町2-20
電話番号:072-981-3528
営業時間:
定休日:月 
駐車場:なし


FAMILLE(ファミーユ)

東大阪人なら知らない人はいないほど有名な「ファミーユ」。チョコレート好きは必ず行ってほしいお店です。

私が1番テンションが上がったのは、大学ラグビーチームのジャージのラッピングがしてある「ショコラガータブレット」(450円)。

さすが「ラグビーのまち東大阪」にあるお店。ラグビーとコラボした商品が多いので、「ラグビー部の彼氏」や「ラグビー好きな人」にプレゼントしたら絶対に喜ばれます。

見た目もかわいい「ビスターシュフランボワーズ・トンカ豆のバレドール・サクランボのボンボン」(700円)。

口に入れた瞬間、お酒が口の中にジュワッと溢れ出てきます。お酒の香りが深く、食べた後も洋酒の香りが口の中に広がっていました。

■ケーキとチョコレートの店 ファミーユ
住所:東大阪市下小阪5-4-11
電話番号:06-6725-7710
営業時間:10:30~20:30
定休日:月
駐車場:なし


Gateaux Julien(ガトージュリアン)

緑色の屋根が目印!

お店の一角にはかわいいバレンタインコーナーがあります。

誰に渡しても喜ばれそうな商品ばかり。

シンプルなお菓子は「渋めの先輩に渡すとき」にオススメ。私は「生チョコ」(980円)を選びました。

「生チョコ=四角」という概念を覆す一品。

口の中に入れた途端に、一瞬でとろけてしまいます。チョコレートの味が濃く、ホットミルクと一緒に食べるのもいいかも。

■ガトージュリアン
住所:東大阪市鴻池元町3-11
電話番号::06-6747-8189
営業時間:10:00~20:30
定休日:不定休
駐車場:なし


田代珈琲

「いっぱい回ったので少し休憩したい」と思いやってきたのは、「田代珈琲」。
月替りで限定の商品が登場します。

バレンタインも何かやっていると思った!

バレンタイン限定は「濃厚いちごショコララテ」(594円)。

ハート模様を崩すのがもったいない…。インスタ映え間違いなし!

アイスとホットが選べますが、冬はやっぱりホット。
かき混ぜると、チョコレートとドライイチゴが溶け、程よい甘さの中にイチゴの甘酸っぱさが。

コーヒーが苦手な私でもおいしくいただけました。

様々な種類のコーヒーが置いてあり、自分好みなコーヒーを見つける「大人なカフェデート」にいかがですか?

■田代珈琲
住所:東大阪市永和1-25-11
電話番号(SHOP直通): 06-6723-3702
営業時間:平日9:00~19:00 土・日・祝10:00~18:00
定休日:なし
駐車場:なし


cake house Myu

イベントごとにネタ商品を開発している「cake house Myu」。
「バレンタインも絶対何かやっているはず」と行ってきました。

「ソルトショコラブラッククッキー」(写真左・150円)、「まるでアヒージョか?!ショコラ」(写真右・120円)。

「ソルトショコラクッキー」は、サクサクのクッキーにチョコレートと塩が。塩がチョコレートの甘さの引き立て役になっています。

「まるでアヒージョか?!ショコラ」は、口に入れる前からガーリックの香りが伝わってきます。柔らかなホワイトチョコレートの中に一味の辛さがいいアクセント。スイーツではなく、おつまみの様でした。お酒と一緒に食べるのもいいかも。

この2つは「甘いチョコレートが苦手なお父さん」にプレゼントしたい商品。
バレンタインは男性に会う予定がないなら、友だちと過ごしたい「非リア充女子会」に持っていくとウケること間違いなし(ガーリックの風味が強いので)。

Myuでは他にも「生チョコと苺ホワイトのセット」(450円)や「ピーカンナッツショコラ(キャラメル)」(450円)も販売しています。

バスケットに入っているショコラは、どれも1つ150円。

■cake house Myu
住所:東大阪市中小阪2−17-15
電話番号:06-6725-2277
営業時間:9:00〜売り切れ次第
駐車場:なし


Frank’s(フランクス)

小阪の街を明るく照らす「フランクス」。

パンとケーキをメインに販売していて、イートインスペースを完備。そんな「フランクス」ですが、定番商品から変わり種まで様々なチョコレートが揃っています。フランクスのチョコレートを上司に渡すと、イメージアップ間違いなし!

どれにするか迷う!

どれを買うかとても迷いましたが、「ストロベリーチョコ」(400円)を購入しました。

甘酸っぱくて青春の味!

サクッとした食感でイチゴの甘さの後に少し酸っぱさが。たくさん入っているので、シェアして食べるのもいいですね。

■フランクス
住所:東大阪市小阪本町1-1-18
電話番号:06-6724-6462
営業時間:平日7:30~20:00 日祝7:30~19:00
定休日:不定休
駐車場:なし


ルジャンドル八戸ノ里店

みんな大好き「ルジャンドル」。「男性から逆チョコで貰いたいお店」です。

ルジャンドル八戸ノ里店は駅から近いのもうれしい!

ルジャンドルといえばやっぱり「バームクーヘン」。本当は「ガナッシュinバーム」を買おうと思っていましたが、遅い時間に行ったので、売り切れでした。早い時間に行くことをオススメします。

ごめんなさい、これだけ個別に写真を撮るのを忘れていました…。

「でも、どうしてもバームクーヘンは外せない!」と、「木苺チョコバーム」(260円)を購入しました。

しっとりしたショコラバームの上にチョコレートが。トッピングの木苺もサクッとしていてアクセントになります。生地の中には木苺ソースが使われていて、甘さの中に少し酸っぱさを感じました。

■ルジャンドル八戸ノ里店
住所:東大阪市下小阪2-14-10-!F
電話番号:06-6723-2562 
営業時間:9:00〜21:00
定休日:なし
駐車場:なし


ライフ八戸ノ里店

八戸ノ里民の台所「ライフ」。
スーパーのバレンタインコーナーも見逃せません。

さすがライフ、種類が豊富です。

夜12時まで営業しているので、「あっ、チョコレート買い忘れた!」という時も大丈夫。
仕事終わりに家族に買って帰るもよし、恋人に買って帰るもよしです。

6個入りで800円という安さも魅力の1つ。

■ライフ八戸ノ里店
住所:東大阪市下小阪5-2-2
電話番号:06-6726-3061(受付時間:開店~21:00)
営業時間:9:00~24:00(店舗・フロア・曜日ごとに営業時間が異なります)
定休日:なし
駐車場:あり(125台)


全部で10店舗回りました!

さぁ、いよいよバレンタイン。
みなさんは誰に渡しますか?
私が走り回って選んだチョコレートを参考にしてもらえるとうれしいです。
でも、公開が遅れたので参考になるのは来年かなあ…。

■関連記事
逆襲のバレンタイン!「酒のにしだ」でチョコレートフェアをしたって良いじゃない


IMG_0874
以上、週ひがが特にオススメするバレンタインスイーツ。それぞれのスタイルにあわせて、いろんな楽しみ方をしてみましょう。

sweets_banner

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ホッケー 梶間

ホッケー 梶間

投稿者プロフィール

山口県出身。
大学生のときに大阪にやってきました。
高校からホッケーを始め、現在もやっています。
なのでホッケー梶間です。
10chとYouTubeを見て生きています。
食べに行ったお店の中で1番カロリーが高そうなものをだいたい注文します。

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com