3連勝で次節花園へ。ライナーズがレッドドルフィンズに45点差で快勝した理由とは

   

前節のスカイアクティブズ広島戦とはまったく違う。
スカッと心が晴れわたる気持ちの良い勝利は、2月12日(土)日野レッドドルフィンズ戦で実現した。
67-22。45点の差をつけ、勝点5。
前節は50-19で勝利しており、スコアだけ見れば大差はない。しかし内容が圧倒的に違った。

前日の雪が残る秩父宮にて。試合後笑顔であいさつができたライナーズ。

前節と大きく変わったのはボールを保持し、アタックがつながったことだ。
今シーズンのライナーズは「ボールインタイム」を意識してきた。セットプレーなどプレーの止まる時を除いた、ボールを動かす時間のことだ。
野中キャプテンは試合後こう振り返る。
「どのエリアにいても、アタックを継続することができた。ミスが起きても試合の中で修正し、自分たちの選択が正解になる努力をできた。」
試合での修正力は大きな自信となり、次節への大きなバネとなるだろう。

立ち上がりはスローで、セットプレーでは相手に押され気味だった。
しかし、レッドドルフィンズに先制トライを許しても、すぐさま追いつく。そんな場面が2度見られた。

復帰戦となったワクァが、今日のライナーズファーストトライをもぎ取った。

前半37分、10-10の状況から取ったトライは大きい。
ボールをつなぎハーフラインから徐々に前へ出ると、密集から左へつなげ、8ジョセが抜けて大外にいた11片岡へ。3人ディフェンスを抜いてのトライは圧巻だった。

片岡はこの日合計3つのトライをあげ、POMにも輝いた。

このトライを機に、ライナーズはどんどん勢いを増していく。
もう大丈夫だ。

安心してCTBを任せられる岡村。まだ入団1年目。

試合の中での成長が如実に現れ、文句なしの快勝。
あえて課題を口にするならば、ブレイクダウンはまだまだ怖い。前半は接点で奪われることがあった。
またレッドドルフィンズは今日、主力選手がやや欠けた状態だった。ほぼベストメンバー出場のライナーズと、メンバーを組むのに苦労したレッドドルフィンズ。手放しでは喜べない。

とはいえ素晴らしい結果と内容だったことは前述の通り。
次節から始まる花園でのホストゲーム3連戦を勢いづけるものとなった。
懸念はケガ人か。マシレワは脚を引きずり、フィフィタは胴体を痛めていた。
しかし層の厚さが出てきたライナーズだ。もし彼らの出場がなかったとしても、どのメンバーでもやりきれることだろう。

どちらかというと、復帰2戦目のマシレワが心配。彼しかできないプレーがあるから。

次節は2月19日(日)釜石シーウェイブスと花園での対戦。今回のような切れ味鋭いアタックでトライを量産し、勝点5の勝利を目指したい。

↓試合当日夜のTwitter Space↓

スポンサーリンク

mihorobot

mihorobot東大阪探検隊・記者

投稿者プロフィール

生粋の八戸ノ里っ子。人気の八戸ノ里東小・小阪中学校校区に住んでいる。
取材へ行けば、同級生のお父さんがやってるお店だった・・・ということが多々あり。
尊敬する人は藤子・F・不二雄先生。

スポンサーリンク

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

リーグワンを愛して2022

俊徳道ゴールドラッシュ俊徳道ゴールドラッシュ

東大阪ローカルメディア的日常東大阪ローカルメディア的日常

東大阪街角定点観測特設サイト

まず密にならない東大阪名所案内

ついに物販に進出!週ひがエコバッグ販売中。

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

新型コロナウイルス感染症対策サイト(非公式)

プロ野球人名辞典

東大阪の今を知るツイート!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

LINEオフィシャル

週刊ひがしおおさかのLINEアカウントは、週に1,2回東大阪の情報をお届けします。ぜひ友達登録してください。

週間人気記事

この1週間の人気記事

Last Update 2022.06.21

Honya Club.com
ページ上部へ戻る