野口の時代が来た!PGで12点 ライナーズ惜敗するも、魂を見せる

   

新年はじめのゲームは、ライナーズにとって緊張感漂う一戦となりました。
1月8日(日)ジャパンラグビートップリーグ第14節のヤマハ戦を前に、下部リーグとの入れ替え戦が濃厚となってきたのです。

残りの2試合、勝ち点5で白星を上げなければ、入れ替え戦回避はかなり苦しい状況。
ケガ人続出で満身創痍のライナーズは、ヤマハ戦に持てる力のすべてを出して挑みます。

dsc09551-001

スタメンはベテランが中心。コンスタントに試合に出続ける金と重光、復活して間もない高と、安定した布陣です。
ただ、前節同様外国人選手のほとんどがケガで欠場。そんな中期待を集めるのは、この日も健在のストーバーク。人員不足の中、出場し続けたことでアタックに磨きがかかり、目下成長中です。

対するヤマハは現在2位。山本、伊藤、日野など、日本代表を擁するチームが、やすやすと勝利を譲ってくれないことは確かです。
ここで負ければ後はない。背水の陣のライナーズ。チャレンジャーとしての挑戦が始まります。

大雨の中、ライナーズボールで10重光がキックオフ。ライナーズは風上です。
序盤は互いに様子見。試合が動いたのは9分でした。ヤマハの強靭なモールから先制トライを奪われます。
そこからヤマハペースとなり、なかなか自陣を抜け出すことができません。

しかし、悪天候の中でも、ライナーズは我慢強くディフェンスし、相手のミスを誘います。
ヤマハがペナルティを連発し、PGのチャンスが到来。本日合計4本のPGを決めたのは、ルーキーの12野口です。

dsc_1369

23分、37分と、10mラインを越える長距離から確実にショットを決め、名キッカー誕生を予感させる勇姿を見せます。
さらに41分の1本は、22m付近右端からの難しい角度。それでも落ち着いて成功し、7-9で逆転して折り返します。
前半の我慢比べを制したライナーズ。いいぞ、その調子だ!強豪ヤマハを1トライで抑え、しっかり戦えています。

dsc_1488

4ストーバークはこの日も絶好調。大きな体で相手をなぎ倒して前へ進みます。

後半出だしは、キックでエリアの取り合い。重光、宮田、野口、高。このBK4人がそろったライナーズは、エリア取りでも負けません。

10分、ヤマハにモールから2本目のトライを奪われますが、ライナーズの勢いは落ちることなくすぐさま反撃。
キックでエリアを取り、相手陣へ。自陣に攻められると、耐えて相手のミスを誘う…この繰り返し。泥臭く、シンプルに。相手陣でプレーする時間が増えていきます。

dsc_1271

「近鉄は悪天候の日の戦い方をわかっている」とヤマハ・清宮監督。経験がのあるベテラン選手が、状態の悪いグラウンドで耐え抜いた。

「ライナーズの魂を見せてくれました。スクラムが強いヤマハから、スクラムでペナルティを取れて誇りに思います」と、試合後の会見で話した坪井監督。
その言葉通り、スクラムにも勢いがついていきます。負けていないどころか、押し勝っています。

dsc_1293「押ーせ!押ーせ!」雨に負けない声援が、より一層後押し。21分、完全に押し勝つと、ヤマハは思わず崩れてペナルティ。
そうだ、このライナーズが見たかったんだ!

強靭なスクラムで相手陣10mに迫ったライナーズ。23分には、この日大活躍の12野口がさらに4本目のPGを決めると、14-12と追いすがります。
が、追撃はここまで。疲れてきたライナーズは、後半の後半に来てミスを連発してしまいます。
ヤマハはもちろんチャンスを逃さず、30分、33分と連続トライ。
終わってみれば26-12と、勝利を収めることは叶いませんでした。

dsc_1697

しかし、チームは前を向いています。
坪井監督は、「最後の花園で胸を張れるようなライナーズを示したい」と最終戦に向け気合い十分。
豊田キャプテンも、「セットプレー、ブレイクダウンと、相手の強みのところでも(自分たちの力が)通用した部分がありました。修正して続けていきたいです」と前向き。

トップリーグ第15節は、1月14日(土)豊田自動織機と、花園ラグビー場での対戦。
入れ替え戦は不可避ですが、今日のゲーム内容なら最終戦は勝てるはず。

今シーズン、ホームグラウンドでの勝利は果たせていないライナーズ。有終の美を飾り、少しでも順位を上に。バックにはファンも、地元の声援も、週ひがも、みんながついている。さあ、いよいよ次節、クライマックスです!

【週ひがMVP】野口大輔選手
本日の週ひがMVPは、得点源となったPGを4本決め、12点得点した野口選手。

img_6145

Q.PGすべて成功。自信ありましたか?

前節、右首を怪我したのでキックの練習はせず、1週間安静にしていたんです。いざ試合(のぶっつけ本番)で、という感じでした。
キッカーは重光選手がすると思っていたのですが、試合をしていく中で「いけ、いけ!」とチームで声をかけてもらい、結局僕が全部蹴っていました。緊張はまったくしなかったです。

Q.SOではなく、CTBでの起用でしたが。
いつものポジションであるSOからボールをもらう時に、少しプレッシャーを感じてしまうところがありましたね。
ミスタックルやボールを取れなかったりと、僕のミスで崩れてしまったところがたくさん。
なので、ミスで終わらず、キックで取り返していこうと思っていました。
CTBは慣れてないですが、そこで言い訳をしてしまうとダメなので。

【週ひがピックアップメンバー】

前田龍佑選手 ヤマハに負けないスクラムを披露

img_6155

Q.スクラムはで押し勝つ場面がありましたね。
最前列3人で、「いつも通りすること」を意識していましたね。キャプテンが押し勝ってくれるので、僕はそれについていきました。

Qうまく組めていない時もありましたが、後半にかけて修正できたのはなぜでしょう。
方向をバラバラに押してしまったり、相手の組み方に合わせてしまった場面もあったので、ハーフタイムで修正をしようと話し合いました。

樫本敦選手 フィールドプレーでよくボールを運び、ラインアウトも安定

s__91095089

Q.良い部分も多かったが、負けてしまいましたね
トライを取れていないことですね。一本でも取れていれば変わったんですが。

Q.ヤマハのスクラムにも負けてかったですね。
組んでいる感触は良かったです。もっとレフリーとのコミュニケーションをよくすれば、自分たちの良さを出せていけると思います。

Q今日のゲームでご自身の課題は
最後、自分で滑ってしまいノットリリースを取られてしまったことです(苦笑)
あと、もっとタックルの数を増やさないと。

天満太進選手 ブレイクダウンで活躍

s__91095088

Q.コンディションはいかがですか?
僕のコンディションはいいですね。ただ、今季初めて80分出続けたので、今ガタがきています(笑)

Q.ブレイクダウンでも勝てているように見えました。
思った以上に圧力は感じなかったです。ただ、スクラムにはヤマハさんのこだわりを感じましたね。

Q.次週に向けて
最後の10分まではよくできたと思う。今日は次につながる試合だったし、もちろん来週は勝ちます。

スポンサーリンク

mihorobot

mihorobot東大阪探検隊・記者

投稿者プロフィール

生粋の八戸ノ里っ子。人気の八戸ノ里東小・小阪中学校校区に住んでいる。
取材へ行けば、同級生のお父さんがやってるお店だった・・・ということが多々あり。
尊敬する人は藤子・F・不二雄先生。

スポンサーリンク

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

俊徳道ゴールドラッシュ俊徳道ゴールドラッシュ

東大阪ローカルメディア的日常東大阪ローカルメディア的日常

東大阪街角定点観測特設サイト

まず密にならない東大阪名所案内

ついに物販に進出!週ひがエコバッグ販売中。

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

新型コロナウイルス感染症対策サイト(非公式)

プロ野球人名辞典

東大阪の今を知るツイート!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

LINEオフィシャル

週刊ひがしおおさかのLINEアカウントは、週に1,2回東大阪の情報をお届けします。ぜひ友達登録してください。

週間人気記事

この1週間の人気記事

Last Update 2021.04.17

Honya Club.com
ページ上部へ戻る