FC大阪 首位・ソニー仙台FCと対戦し3失点で敗北 リーグ戦4連敗と悪い流れは続く…

   

2019年6月8日(土)、JFL(日本フットボールリーグ)第10節FC大阪対ソニー仙台FC(以下、ソニー)の試合が、J-GREEN堺メインフィールドで行われました。結果は0-3で敗れ、4連敗。連敗を止めることはできませんでした。

この悪い流れ、いつまで続くのだろう…。

令和になってリーグ戦での勝利はありません。前節のHonda FCとの試合は、2得点を取りながらも3失点。直近3試合で2得点5失点と、守備で課題が出てきています。

今節の相手・ソニーは9節が終わって負けは1試合のみ。総得点も20点と圧倒的な攻撃力を誇ります。しかし失点は8点と、少なくはありません。チャンスを活かし、得点を取ることができれば勝てる相手です。

ここまでの悪い流れを払拭するため、GKを守護神・永井文也から李在根(リ・チェグン)に、ゲームキャプテンをMF・木匠貴大からDF・池永航に代え、試合に臨みます。

今季初スタメンの李。

しかし試合の主導権を握ったのはソニー。

シュート数
FC大阪 ソニー
前半  4    8
後半  1    8

ボールポゼッション
FC大阪 30対70 ソニー (ホッケー梶間の体感)

と、圧倒的に守備に回ってしまいました。とくに後半はシュートが1本だけ。勝つためにはシュートを打たなければならないので、まずはシュートを打つことが重要になるでしょう。

試合を振り返ります。
前半は風下のソニーボールでキックオフ。ここまで20得点を取っているソニーの攻撃陣は、前半から積極的にシュートを打ち、FC大阪ゴールに迫ります。

一方のFC大阪は、カウンターからボールを繋ぎゴールを目指しますが、ソニーのDF陣を前にシュートを打つことができません。

シュートは惜しくもバーの上を通過し、悔しがるFW・横野。

すると前半9分、ソニーの強烈なシュートが来ますが、GK・李が右手で止めるナイスセーブ。最後列からチームを盛り立てます。

その後もソニーの猛攻をしのぐFC大阪でしたが、前半21分。ソニーに与えた左コーナーキックを一度はクリアしますが、クリアボールをMF・三浦祐希にそのまま打たれ、先制点を許してしまいます。

FC大阪は徐々にパスが繋がり、シュートも打てるようになりますが、前半は無得点。
0-1で前半は終了します。

FC大阪ボールで後半キックオフ。後半からMF・久保田を投入し、追加点を狙います。池永が交代したため、キャプテンマークはDF・舘野俊祐。

池永がケガをしたため、後半からキャプテンマークを巻いた舘野。

選手交代で流れを変えたいFC大阪でしたが後半7分、MF・四ヶ浦寛康が2枚のイエローカード※1によりレッドカード。退場処分で、1人少ない状況になります。
※1・・・サッカーでは同選手に1試合のうち2枚イエローカードが提示されたら、レッドカードとなり退場に。次節も出場停止となります。

イエローカード2枚でまさかの退場となった、四ヶ浦。

後半11分には、身長193cmのFW・和田健太郎を横野に代えて投入し、得点を狙いにいきます。

初出場を果たした和田。

10人で何とか守っていたFC大阪でしたが、後半31分。右サイドを崩され、ソニーのMF・秋元祐太に強烈シュートを決められてしまい、2得点めを許してしまいます。

何とか1点を返したいところでしたが、10人では歯が立たず、終了間際にもフリーキックから失点。0-3でリーグ戦4連敗となりました。

GK・李が弾くも、そのままゴールになってしまった。

今節も守備に課題が残る形となりました。
リーグ戦30節中3分の1の10節までが終了し暫定7位、首位を走るソニーとは勝点の差が9に。明日の他の試合結果次第では10位まで下がってしまう可能性もあります。

しかし、諦めたらそこで試合終了!立て、立つんだFC大阪イレブン。切り替えて来週からの試合をすべて勝つ気持ちで戦うんだ。どんなときも力強く前に進もう!

今日は少なめの応援団。でも、掛け声は会場中に響き渡っていた。

だっていつも応援に来てくれるサポーターがいるじゃないか。しんどい時こそ1つになって、みんなで前へ進もう!


和田治雄監督

会見後、サブメンバーの練習試合が隣のグラウンドで行われ、そこでも指揮を取っていた和田監督。

ー今日の試合を振り返ってください。
和田 内容は悪くない試合。攻撃力がある相手なので、ボールは持たれるだろうと予測していました。FC大阪としては、カウンターから攻め上がる戦略でしたが、選手が慌ててしまい、攻撃に繋げることができませんでした。さらに、最近の課題であるセットプレーからの失点が試合を難しくしてしまいました。

ーリーグ戦4連敗となりました。
和田 4連敗してはいますが、チームの雰囲気は前向きです。切り替えて次節に臨みます。

ー首位のソニーが相手でしたが、どのような準備をしましたか
和田 攻撃力のあるチームなので、誰がどの選手をマークするか。カウンターからの攻め方などを準備しました。

ー今日の試合、ゲームキャプテンを木匠選手から池永選手に代えたのはなぜでしょう。
和田 木匠がベンチスタートだったので池永に託しました。常にDFで出場している池永や舘野は、後ろから声を出したり、グラウンドを全体的に見ることができるので、キャプテンにしました。

ーキーパーは初スタメンの李選手でした。
和田 永井が体調不良だったので、力のある李を使いました。落ち着いてプレーしてくれました。

ー次節(MIOびわこ滋賀)に向けて。
和田 なんとか悪い流れを止めて連勝に持ち込めるように、この1週間準備します。

舘野俊祐ゲームキャプテン

次節は得点をお願いします!

ー今日の試合を振り返ってください。
舘野 一番の敗因は、セカンドボールを相手に拾われたことです。サイドに展開されて、チャンスを作られてしまいました。前半に追いつくことができていれば、違う結果になったかもしれません。決定機を作れなかったのも敗因の1つです。

ー後半1人少なくなってしまった後は、何か戦い方を変えたのでしょうか。
舘野 戦い方は大きく変えていません。ただ1人少なかったので、ボールを奪った後に有効的な攻撃ができませんでした。30試合のうちの1試合として見れば、このような試合もあるのかなと思います。

ー次節に向けて。
舘野 今の僕たちに必要なのは勝点3。戦術よりも1人ひとりがしっかり戦い、よりシュートを打って、より積極的にプレーしていかなければいけません。そうすれば、自ずと勝ちが近づくと思います。アウェーですが、勝点3を取れるように、準備していきます。

吉澤正登会長

「試合終了後、1人で泣いてました…」と話してくれた吉澤会長。僕も泣きたいっす。

ーリーグ戦3分の1が終わりました。ここまでを振り返ってください。
吉澤 2015年からJFLで戦ってきていますが、前半戦は良い流れで来ていても夏場で失速する傾向があります。しかし、今季はすでに4敗。弱い夏場にしっかり準備をして戦えば、十分に優勝を狙えると思うので、これから頑張ります。

ー7月3日(水)の天皇杯2回戦に向けての意気込みを。
吉澤 まずは、次週のMIOびわこ滋賀戦や7月3日までのJFLの戦いの中で、勝ちに繋がるものを見つけていきたいです。JFLで良い結果を出して、ベガルタ仙台戦を迎えたいと思います。

ー次節に向けて。
吉澤 天皇杯1回戦では勝利している相手。チーム一丸となって良い準備をして、当日を迎えたいです。


初出場を果たした、GK・李在根選手とFW・和田健太郎選手にインタビューしました。

GK・李在根選手

東大阪出身の李選手。チームのムードメーカーです。

ー初スタメンでした。感想を教えてください。
 初スタメンで自分がどこまでできるか楽しみにして、試合に臨みました。3失点してしまいましたが、自分の中では100%やりきれました。

ー自身の強みはなんでしょうか。
 DFの裏のスペースのケアと、ロングキックが持ち味です。

ーこれからの意気込みを。
 来週も試合に出られるのであれば、この1週間良い準備をして、相手を無失点に抑えて、勝利に貢献したいです。

初出場の和田健太郎選手。武器は193cmの高さ!

ー初出場の感想を教えてください。
和田 練習試合などでは試合を経験していましたが、今日の相手(ソニー)は1段階上のチームでした。

ーどのような気持ちで試合に入りましたか。
和田 1人少なく負けている状況だったので、守備ではDFラインまでしっかり戻って、攻撃ではシュートを打って、同点に持っていく気持ちで入りました。

ーこれからの意気込みを。
和田 コンスタントに試合に出て、得点を取って結果を残していきます。

この悪い流れはいつまで続いてしまうのか。しかし終わってしまったことを振り返っても仕方ありません。どうすれば「勝てるのか」「得点が取れるのか」「失点は少なくなるのか」を考えて、残りの試合に臨んで欲しい。来週は天皇杯1回戦で勝利したMIOびわこ滋賀とアウェー・東近江市布引運動公園陸上競技場で13:00から対戦。勝利して、連勝記録を作るぞー。次節こそは勝利を!

■FC大阪公式ホームページ:FC大阪公式ウェブサイト

■公式記録:JFL公式

スポンサーリンク

ホッケー 梶間

ホッケー 梶間

投稿者プロフィール

山口県出身。
大学生のときに大阪にやってきました。
高校からホッケーを始め、現在もやっています。
なのでホッケー梶間です。
10chとYouTubeを見て生きています。
食べに行ったお店の中で1番カロリーが高そうなものをだいたい注文します。

スポンサーリンク

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

リーグワンを愛して2022

俊徳道ゴールドラッシュ俊徳道ゴールドラッシュ

東大阪ローカルメディア的日常東大阪ローカルメディア的日常

東大阪街角定点観測特設サイト

まず密にならない東大阪名所案内

ついに物販に進出!週ひがエコバッグ販売中。

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

新型コロナウイルス感染症対策サイト(非公式)

プロ野球人名辞典

東大阪の今を知るツイート!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

LINEオフィシャル

週刊ひがしおおさかのLINEアカウントは、週に1,2回東大阪の情報をお届けします。ぜひ友達登録してください。

週間人気記事

この1週間の人気記事

Last Update 2022.05.25

Honya Club.com
ページ上部へ戻る