来た来た来た!ワールドカップの波がグルメにも!9/20から「東大阪ラグビーバル」開催 

いよいよあと1ヶ月とちょっとに迫ったラグビーワールドカップ(RWC)。
この機会を逃すまいと動き出しているのはラグビー界だけではありません。グルメ界もおおいに盛り上がっているのです。
そのひとつが「東大阪ラグビーバル〜アフターマッチファンクション〜」。東大阪市内163の飲食店でパンフレットを提示すると、各店舗500円均一のバルメニューが楽しめるイベントです。

3店舗以上回るとプレゼントがもらえるスタンプラリー形式で、今まで行ったことがない店舗を知りながら回ることができます。
期間は9月20日(金)から10月20日(日)まで。RWCの開催日にぶつけた優秀な日程。

スマホで読むには酷すぎるから、雰囲気だけ。東西南北がこんなに結集したバルイベントがあっただろうか。

主催はラグビーバル実行委員会と、東大阪ツーリズム振興機構の共催。週刊ひがしおおさかも実行委員としてお手伝いしています。
ツーリズム振興機構では2018年にも「東大阪Rugbyバルスタンプラリー」を一度実施しており、クーポン形式で49店舗が参加しました。
そんな前回を踏まえ、RWCがやってくる今年、さらにバージョンアップして帰ってきたのです。
すべての店舗で500円均一。西は布施、東は瓢箪山までオール東大阪でお送りするビッグイベントです。RWCに向けたグルメの集大成と言っても良いでしょう。

メニューもラグビーをモチーフとしたものがたくさん。
俊徳道の「ラーメン 丸っ子」からは「餃子フィフティーン」が登場。15人で競技するラグビーをお皿に落とし込んだ逸品です。15この餃子に、ラグビーボールに見立てた煮玉子がアクセント。う〜ん、これはボリューム満点!

「餃子フィフティーン」(500円)。この企画のために無理を言って考えてもらったぞ!

八戸ノ里の親子カフェ「MonBebe (モンベベ)」では「ラグビーバーグプレート」を提供。ハンバーグに描いたラグビー模様がキュート!大人だけではなく、子どもも楽しめるバルメニューとなっています。

「ラグビーバーグプレート」。もちろん500円!

その他にも「エビフライ&唐揚げのフライハーフセット」(喜多朗)や「さばフロントロー」(さばね)など、絶妙にラグビーを意識したメニューがずらり。「いや、さば最前列って!」とツッコミながら食べるのも楽しむポイントです。

塩さば・さば出汁のだし巻き玉子・さばの煮付けが横一列に並んだ「さばフロントロー」。

パンフレットは各飲食店・市の行政サービスセンター・近鉄主要駅・イベントなどで、8月末頃〜随時配布・設置予定。
情報は随時東大阪ラグビーバルサイトにて更新されます。
昼と夜で回れば全飲食店制覇も夢じゃない!?観戦でも、食でもラグビーを楽しもう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

mihorobot

mihorobot東大阪探検隊・記者

投稿者プロフィール

生粋の八戸ノ里っ子。人気の八戸ノ里東小・小阪中学校校区に住んでいる。
取材へ行けば、同級生のお父さんがやってるお店だった・・・ということが多々あり。
尊敬する人は藤子・F・不二雄先生。

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com