9月20日オープン! パブリックビューイングもできるスポーツパブ「Craftbeer Tavern(クラフトビア・タヴァン)」

いよいよ開幕が明日に迫ったラグビーワールドカップ(RWC)。
「本当に明日から始まるの?」と、まだ実感が湧きません。
そんなRWCが開幕する9月20日に合わせ、布施に新たなお店がオープンします。

近鉄布施駅から東に徒歩3分。

オレンジ色の建物なのですぐにわかります。元々は自転車屋さんがあったところ。

その名も「Craftbeer Tavern(クラフトビア・タヴァン)」。

名前の通り、クラフトビールが飲めるお店です。ただ、クラフトビールだけでなく、スポーツの試合を観戦することができる「スポーツパブ」。
スポーツの試合がある日はパブリックビューイングが行われます。RWCはもちろん全試合放映。

白い壁一面がビジョンに。床には人工芝が敷いてあります。

「今まで家でスポーツ観戦をしていた人も、気軽に来て楽しんでもらえるお店にしていきたいです」と話すのは、オーナーの元光一倫さん。

オーナーの元光さん。東大阪ラグビーバルの実行委員長も務めるなど、ラグビーに力を入れています。

布施にあるBar「ANALOGUE」と「Bar Stax」のオーナーも務め、Tavernで3店舗めになります。
「元々はお客さんとしてスポーツパブに行きたかった」と話す元光さん。しかし、東大阪市内にはそのような場所があまりなく、自らがオーナーとなってお店をオープンさせました。

コンセプトは、スポーツ観戦を楽しんでもらうだけでなく、クラフトビールのおいしさを伝えること。
今までBarを経営してきた元光さん。Tavernはカジュアルな雰囲気なので、女性が1人で来ても楽しんでもらえるお店づくりを目指します。

店内にはカウンター席、テーブル席が設けられ、最大で100名ほどが入ることができます。

この日は内覧会。オープン後はこのスペースにもテーブルが入ります。

1番のこだわりは、ビールサーバー。

見たこともない数のコック(ビールの注ぎ口)が並んでいます。

提供されるクラフトビールは全部で6種類。
ほかにも、ハイネケンビールやソフトドリンクなどもあります。

クラフトビールの「よなよなエール」Mサイズ780円、Lサイズ1080円(左)と「ハイネケン」350ml:580円、480ml:780円、630ml:980円(右) 。

ビールに合うフードも充実しています。

■「フィッシュ&チップス」

フィッシュ&チップス(580円)。

■「ソーセージ3種盛り」

ソーセージ3種盛り(580円)。

今後は、クラフトビールの種類を増やしたり、フードもより充実させていきたいとのこと。
RWC後は、FC大阪の試合なども放映する予定です。

取材が終わって帰ろうと思ったら…。

入り口横に何やらスペースが。

「ここは貸しスペースとして貸し出します」とのこと。個展を開くこともできるそうです。

さぁ、まもなくRWCが開幕!
見に行きたいけどチケット持ってない…。
そんな人は、Tavernのパブリックビューイングにトライ!

■Craftbeer Tavern(クラフトビア・タヴァン)
住所:東大阪市長堂2-2-19
営業時間:16:00〜23:00 ※試合開始に合わせて早めにオープンすることもあり
定休日:不定休
TEL:06-6783-3663
アクセス:布施駅から徒歩3分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com