トンプソンルーク選手の花園友情大使就任は、「トモを広げる」壮大なダジャレと気づいた

近鉄ライナーズの大一番、花園での公式戦が開催された翌日の、11月25日(月)。
ライナーズのLO(ロック)でありラグビー日本代表として戦ったトンプソンルーク選手が「Hanazono Friendship Ambassador(花園友情大使)」に任命され、東大阪市役所本庁舎にて就任式が行われました。

花園友情大使のデカ名刺を野田市長から受け取るトンプソン選手。野田市長もけっこう背高いよね。

日本ラグビー界のレジェンド平尾誠二さんの「花園感動大使」、ノーベル生理学・医学賞受賞者山中伸弥さんの「花園応援大使」に続く3人目の花園大使。
スポーツでの地域活性化を進めるため、花園を活用した取り組みの1つとして昨年10月に設置されました。

就任式は東大阪市本庁舎1Fにて一般公開。会場には多くのファンが駆けつけました。

花園は2021年の「ワールドマスターズゲームズ2021関西」の開催地の1つとして決定しています。
トンプソン選手は、そのレガシー大会である「マスターズ花園」に向けたコメントなどPRをしていく予定とのこと。

背にはワールドマスターズゲームズのバックボード。満30歳以上の健康な人なら誰でも参加できる世界規模の大会だ。

ところで、ほか2人は「感動」「応援」大使でトンプソン選手は「友情」大使。微妙にニュアンスが違うなのが気になって仕方ない。
わかる、ただ同じ名称を使うのではなくてそれぞれがオンリーワンなんだ。しかしなんで友情?愛情とか情熱とかじゃダメなの?
しょうもない質問だと思いつつ、東大阪市に電話してみました。
「Friendship は友情や友好という意味ですが、『トモさん』なので、まあ、トモを広げるということで…(笑)」と担当者さん。
がっつりダジャレ。…いいぞ東大阪市!!そうくるとは思いませんでした。
PR大使として架け橋となる存在、つまりはトモとトモをつなぐ存在へ。
うん、しっくり来た。

世間はすっかり引退ムードだけど、ライナーズの公式戦はまだまだあるからね!記者会見では、トモさんも「全試合勝ちたい」と意気込んだ。

ラグビーワールドカップは終わったけれど、東大阪にはワールドマスターズがある!
2021年へ向けて東大阪にスポーツのトモを広げよう。そんな機運がビシビシ伝わる就任式でした。

【関連記事】
トモさん効果?いやライナーズの歴史と意地だ!花園に15596人が集まった!(2019.11.25)
おかえり!トンプソンルーク選手がライナーズに帰ってきた「コンディションは絶好調!」 開幕へ向けトモさん伝説第2章スタート(2019.11.6)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

mihorobot

mihorobot東大阪探検隊・記者

投稿者プロフィール

生粋の八戸ノ里っ子。人気の八戸ノ里東小・小阪中学校校区に住んでいる。
取材へ行けば、同級生のお父さんがやってるお店だった・・・ということが多々あり。
尊敬する人は藤子・F・不二雄先生。

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com