今シーズンのJFLの全日程が発表 F.C.大阪、東大阪市花園ラグビー場第2グラウンドでは6試合開催

   

日本フットボールリーグ(JFL)に所属するF.C.大阪。東大阪市がホームタウンとなって今季で3年目、JFLでは6年目のシーズンとなります。
昨シーズンは、最終節で勝てばJ3参入という可能性を残しましたが、結果は0-3で敗れ8位に。
1月14日に行われた2021年シーズン始動式では、吉澤正登会長が「2015年からJFLに所属している中で、昨シーズンが1番成績が悪かった。」と、選手たちに喝を入れる場面がありました。

今シーズンは「絶対勝利」をスローガンに掲げ、勝点80で優勝し、J3リーグ参入を目指します。

ホッケー梶間、今シーズンの注目選手はMF町田蘭次郎。

ホームタウンは東大阪市ですが、これまで豊中市の服部緑地陸上競技場で多くのホームゲームを行ってきました。
昨シーズン、初めて東大阪市花園ラグビー場第2グラウンド(以下、花園第2)で試合を開催。

ラグビーのゴールポストが外され、サッカーゴールが設置された第2グラウンド。

当初は6試合が予定されていましたが、新型コロナウイルスの影響で3試合に。うち2試合は無観客試合でした。それでも、有観客で行われた試合には多くのファンが訪れ、絶対王者のHonda FC相手に、「あと少しで勝利か?!」という、希望を見せてくれました。

この近さで試合を観戦できるスタジアムは、おそらくどこにもありません。

そして2月12日、今シーズンの全日程が発表されました。日程は以下のとおり。

試合に勝利は勝点3、引き分けは勝点1、負けは勝点0。

3月14日(日)に開幕。花園第2では、6試合が予定されています。

レギュレーションは、例年通りのホーム&アウェイ方式。最終的に勝点が1番多かったチームが優勝となります。異なるのは「試合なし」の週があること。例年は16チームでリーグ戦を行いますが、今年は17チーム。奇数になるため、毎節どこかのチームが休みになります。試合なしの週をどう活かすかが、優勝へ左右することもあるでしょう。
また、例年よりも1チーム多い、下位3チームが地域リーグへ降格の可能性があります。

今年こそは優勝して、東大阪でパレードだ!

有観客になるのか、何チームがJ3へ参入できるのかはまだ発表がありません。ですが、あと約1ヶ月で開幕。今年はどんなサッカーを見せてくれるのか。どんな布陣で試合に臨むのか。練習試合の撮影に行ったり、選手インタビューに行ったりと、FC大阪の取材を本格化させていきます。

スポンサーリンク

ホッケー 梶間

ホッケー 梶間

投稿者プロフィール

山口県出身。
大学生のときに大阪にやってきました。
高校からホッケーを始め、現在もやっています。
なのでホッケー梶間です。
10chとYouTubeを見て生きています。
食べに行ったお店の中で1番カロリーが高そうなものをだいたい注文します。

スポンサーリンク

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪街角定点観測特設サイト

ついに物販に進出!週ひがエコバッグ販売中。

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

新型コロナウイルス感染症対策サイト(非公式)

プロ野球人名辞典

東大阪の今を知るツイート!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

LINEオフィシャル

週刊ひがしおおさかのLINEアカウントは、週に1,2回東大阪の情報をお届けします。ぜひ友達登録してください。

週間人気記事

この1週間の人気記事

Last Update 2021.04.17

Honya Club.com
ページ上部へ戻る