KANSAIが一つになってラグビー王国と対決!

4月26日(日)、東大阪市花園ラグビー場にて第9回関西ラグビーまつりが行われました。一日に沢山の試合が行われ、多くのラグビーファンが訪れるラグビーの祭典です。メインイベントは、ニュージランド学生代表(NZU)対関西学生代表。
ラグビー王国の有望な若手と、関西大学リーグからセレクションされた精鋭たちが、お互いのプライドをかけて戦いました。

17365566_x

試合開始前に、NZUはお馴染みのハカを披露。大迫力のハカを前に「関西の学生が対抗できるのか」と声が上がります。

17365568_x

しかし、先制したのは関西学生代表。10清水(関学)がNZUディフェンスのギャップを狙ってゲインし、トライ。大歓声が上がります。
来日後に怪我人が出て、万全でないNZU。攻めるとさすがのアタック力を見せますが、ディフェンスで粘りがありません。前半21分には10清水の2本目のトライも生まれ、3-14。もしかするととスタンドも色めき立ちます。

17365567_x

しかしここからがラグビー王国のプライド。オフロードパスを駆使してボールをつなぎ前進すると、11ライトがスピードを活かして左隅にトライ。さらに1トライを追加して、17-14で前半が終了します。

17365574_x

完全に劣勢だったのが、スクラム。マイボールでもグッと押され、良いボールが出せません。そんな時、スタンドから
「ノウ、タカベ、サイタサトシサン!」
とコールが。そう、同志社大学のスクラムコール、第1列の選手連呼が!
しかも一箇所で始まったコールが、スタンドの複数箇所から上がるのです。これは、同志社大学だけが上げているコールではありません。他の大学もこのコールに乗っているのです。
昨シーズンより「戦えるチームを」と選抜し、この日に挑んだチーム関西が一つになった瞬間でした。

17365569_x

後半に入ると、NZUは一気に5人を交代させてリフレッシュ。一進一退の攻防ながら、徐々にペースをつかみジワジワと点差を広げます。関西学生代表は何度も見せ場をつくり、トライも奪いましたが力及ばず。40-19でNZUの勝利となりました。

17365582_x

「とにかく強かった。ラックでも押すだけで精一杯だった」と口々に話す関西学生代表。試合を通してテンポよいアタックを作った9大越(同志社)は「前半はなんとか対抗できたが、後半は…」と悔しさを全面に出します。
一方NZUキャプテン・オリバーも「低くて速い動きにペースを乱された」と勝利の喜びは見えません。お互いのとってタイトでハードな戦いだったことが現れています。

試合後は、ラグビーの公式戦恒例、アフターマッチファンクション。両チームの選手、スタッフが食事をしながら歓談します。記念写真を撮影し、お互いのプレーを笑顔で振り返る。
中にはFacebookで友達になる選手も。ノーサイドの精神が、若い選手たちの新しい交流を育んでいました。

17365572_x

■第9回関西ラグビーまつり

開催日時:2015年4月26日(日)
※NZU対関西学生代表は14時から
開催場所:東大阪市花園ラグビー場
主催:関西ラグビー協会・毎日新聞社
後援:大阪府、東大阪市、東大阪市教育委員会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

MaechanYK

MaechanYK東大阪探検隊隊長・編集長

投稿者プロフィール

特定非営利活動法人週刊ひがしおおさか代表編集長兼東大阪探検隊隊長。
ふとした思いつきからはじめたWEBサイトが、もうすぐ10年。
もっともっと影響力を持ったサイトにしていきたいです。

好きなモノ:近鉄ライナーズ、阪神タイガース、競馬、ゲーム、プラモデル、楽でお金になる仕事。
嫌いなモノ:愛、本物

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com