ファルコン、3度の打者一巡でオリオンズに圧勝 2ランHRも飛び出した! 大阪マンデーベースボールリーグ

 
   

4月22日(月)、そろそろ何の日か覚えましたか?
この日は月曜日、そう大阪マンデーベースボールリーグ(OMBL)の日です。

週ひがは、金岡公園野球場で行われた試合の取材に行ってきました。

ファルコン 20−2 オリオンズ

あいさつで試合開始。

4勝0敗で3位につけるファルコンと、3勝4敗で5位のオリオンズの対戦です。
ファルコンは、朝から3試合連続のトリプルヘッダー。1勝1敗で迎えた3試合めでした。松本キャプテンは「試合を重ねるごとに、チームの調子が上がっていきました」と、この日を振り返ります。

ファルコンの先発は、サウスポーの木佐貫。

1回表、オリオンズの攻撃。1アウトから、2番がライトオーバーの2ベースヒットで出塁します。3番はピッチャーゴロに倒れますが、4番がレフト前にタイムリーを打ち、先制。

先制の一打。

5番はファーストフライで3アウト。

オリオンズのピッチャー・大内は、開会式で選手宣誓をしました。

1点を追うファルコンは1回裏、1番が内野ゴロで1アウト。2番の打球はセンターフライかと思われましたが、センターが落球し、出塁します。すぐさま盗塁し2塁へ。次のピッチングで3塁まで盗塁し、1打同点のチャンスを作ります。すると3番がレフトへの犠牲フライを打ち、1−1の同点。続く4番は四球を選びます。ランナーを1塁に置いて、5番木佐貫の打球は外野ネットに直接当たり、2ランホームランとなりました。

打った瞬間に、ホームランとわかった打球。

さらにここから、打者一巡の猛攻で1回に一挙6点をあげ、1−6となります。

2回表のオリオンズは、木佐貫の前に三者凡退。点差を縮めることはできませんでした。

2回裏も、ファルコン打線が繋がります。先頭がライト前ヒットで出塁すると、盗塁で2塁へ。続く3番が右中間へのタイムリーヒットを放ち、1−7とします。

3試合めでも疲れを感じさせない打線。

その後、2本のツーベースなどで3点を加え1−10。1アウトを取ったところで、ピッチャー交代。

三牧へリリーフ。

これ以上の失点は避けたいオリオンズでしたが、9番にライト線への2点タイムリーツーベースを許し、1−12となります。

この試合のファルコン打線は、誰にも止められない!

その後は、1番がセンターライナーを打ち、2塁ランナーが帰塁できず3アウトとなりましたが、この回も打者一巡で6点を奪いました。

3回表、ファルコンは継投へ。

まずは川本へリリーフ。

先頭バッターを四球で出塁させますが、その後は内野ゴロ、ショートライナーでのダブルプレーで、オリオンズの攻撃を3人で終わらせます。

3回裏、先頭バッターがセンターへのツーベースで出塁しますが、後続が倒れ3アウト。オリオンズは、この試合初めてファルコン打線を0点に抑えました。

すると直後の4回表、連続四死球で1・2塁と得点圏にランナーが出塁します。5番はレフトフライに倒れますが、6番がレフトオーバーのツーベースヒット。2−12と1点を取り返します。

打点をあげた6番に、拍手を送ります。

さらに、1アウト3塁で追加点のチャンスでしたが、2つのショートゴロで3アウト。

4回裏、すでに2度の打者一巡で12点を取っているファルコンでしたが、なんと、この回も7つの安打などで打者一巡の猛攻。8点を奪って、2−20とします。

最終回は、3人めとしてマウンドに上った長重が3人で抑え、ゲームセット。

3人めは、右腕の長重。

20−2でファルコンが勝利を収めました。


勝利したファルコンの松本キャプテンと、2ランHRを打った木佐貫投手にインタビューしました。

ベンチからエールを送った、松本キャプテン。

ー3回もの打者一巡がありました。試合を振り返ってください。

松本 1試合めと2試合めの調子があまり良くない中での3試合めだったのですが、試合を重ねるごとに、打線が良くなっていきました。

ー今年のチームの目標は。

松本 みんなで楽しく勝つことです。最終的には決勝リーグに上がって、優勝を目指したいと思います。

木佐貫投手

投手ながら2ランHRを含む3打点の大活躍。「巨人と同じ木佐貫です」と謎のノリ

ーホームランのシーンを振り返ってください。

木佐貫 低めのボールだったのですが、すくい上げて打ったらネットまで届いてくれました。

ー投打ともに大活躍でした。今日の試合はどうでしたか。

木佐貫 初回に1失点してしまいましたが、自分で取り返せたので良かったです。今日は出来すぎだと思います(笑)。

ー今シーズンの目標を教えてください。

木佐貫 首位打者を目指して頑張ります!

3回もの打者一巡で20得点と圧勝のファルコンでしたが、OMBLは勝ち負けではありません。
野球が好きでやっているんだから!

4月22日の試合結果

左が勝ちチーム・同点は抽選となります。

金岡
レッドリボン (不戦勝) 東大阪MetalCats
レッドリボン 6-4 ファルコン
ファルコン 4-1 大阪アスレチックス
ファルコン 20-2 オリオンズ

吉原
オーシャンズ 2-1 トヨタクラブ新大阪
トヨタクラブ新大阪 3-1 Respect Osaka

門真
パラダイス 9-0 Red’s
タイヨーフレンズ 2-1 Red’s
TOYOTA HK BROTHERS 6-0 Faith
Faith 11-5 住之江JAPAN
住之江JAPAN 7-1 ビッグシャーク

※週刊ひがしおおさかでは毎週、大阪マンデーベースボールリーグの結果をトップページに掲載します。たまに写真も掲載します。

◾️大阪マンデーベースボールリーグ
日時:2月から12月まで
場所:東大阪市近辺の野球場

関連記事
マンデーベースボールリーグ決勝戦!すごい、すごすぎる!!(2016.10.28)
月曜限定のあのリーグがついに開幕!(2017.2.17)
2018マンデーベースボール開幕。開幕試合は接戦に。(2018.2.26)
今年もこの季節がやってきた!2019マンデーベースボール開幕 昨年王者の開幕試合は圧巻。(2019.2.25)
オリオンズ・大隅選手の劇的サヨナラ安打 大阪マンデーベースボールリーグ(2019.3.27)
タイヨーフレンズ投打がかみあいKFCを圧倒 大阪マンデーベースボールリーグ(201904.09)

 
ホッケー 梶間

ホッケー 梶間

投稿者プロフィール

山口県出身。
大学生のときに大阪にやってきました。
高校からホッケーを始め、現在もやっています。
なのでホッケー梶間です。
10chとYouTubeを見て生きています。
食べに行ったお店の中で1番カロリーが高そうなものをだいたい注文します。

スポンサーリンク

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

ついに物販に進出!週ひがエコバッグ販売中。

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

Honya Club.com
ページ上部へ戻る