往年の名選手が勢揃い ”近鉄”花園ラグビー場に別れを惜しむ名勝負

2月28日(土)、今年度の日本一チームを決める日本選手権決勝が秩父宮ラグビー場で行われていた頃。

近鉄花園ラグビー場では、それ以上に熱い試合が行われていました。
近鉄OB対竹中工務店。花園ラグビー場の東大阪市への売却が目前に迫った日に、近鉄のOBが試合をするという粋な企画です。

DSC_1875

キックオフは13時。近鉄OBの面々は、往年の名選手。試合前から妙にテンションの高い選手たちが、懐かしい仲間たちと談笑。中には携帯電話で記念撮影する選手も。皆この日を心待ちにしていたのが伝わります。

IMG_3240

それでも、ライナーズのファーストジャージにそでを通すと、シャキッとした姿に。着替え・準備・ウォーミングアップを第1グラウンドで行うという、公式戦では考えられない光景が牧歌的ですが、顔つきがキッとする様は公式戦さながら。1プレーごとに仲間たちから声援とも罵声ともとれる声が浴びせられます。

DSC_1897

DSC_1878

スコアボードに名前が出ないのが若干寂しくはありますが、スクラム、ラインアウトのセットプレーもそつなくこなし、現役時代をほうふつとさせる突破を試みることも。

DSC_1880

DSC_2010

試合は15分を3本。スコアは…すみません記録していませんでした(笑) それほど、スコアではなくプレーとみんなの笑顔が心が染み入った試合でした。

DSC_2170

DSC_2237

終了後はみんなで記念撮影。”近鉄”と書かれたスコアボードを背景に、満面の笑みで締めくくられました。

DSC_5592

アフターマッチファンクションは、2階食堂で。屋台形式で、互いのチームや家族が好きずきに語り合います。

DSC_5601

近鉄に残った選手、別の道を進んだ選手、見る影もないおなか、動かない脚、円熟味を増した容姿、全てがこの日のために刻まれた年輪。

DSC_5617

近鉄の文字が消えるのは寂しいですが、その歴史はみんなで受け継ぐものなんだと感じた一日でした。

記事:前田寛文
写真:山口勝一

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

MaechanYK

MaechanYK東大阪探検隊隊長・編集長

投稿者プロフィール

特定非営利活動法人週刊ひがしおおさか代表編集長兼東大阪探検隊隊長。
ふとした思いつきからはじめたWEBサイトが、もうすぐ10年。
もっともっと影響力を持ったサイトにしていきたいです。

好きなモノ:近鉄ライナーズ、阪神タイガース、競馬、ゲーム、プラモデル、楽でお金になる仕事。
嫌いなモノ:愛、本物

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com