小阪で愛媛・宇和島の郷土料理が楽しめる家庭料理屋「あんどう亭」

   

お一人様いらっしゃ〜い#001の記事でも書きましたが、ホッケー梶間の出身地は山口県。東大阪で山口の郷土料理を食べられるお店はなかなかありません。
「地元の食」が恋しいときもあります。

今日は、愛媛・宇和島の郷土料理が楽しめるお店を紹介します。

お店の外には、愛媛・宇和島関連のポスターがずらり。

小阪駅を南に徒歩3分。「サザンモール小阪」の最南端にある「あんどう亭」です

話をしていると、店員さんじゃなくて、お父さん、お母さんと呼んでしまいそうになる。

出迎えてくれたのは、ご主人と奥さん。ご夫婦で営業をしています。2人の名前が安藤さんなので「あんどう亭」。

テーブル席は宇和島の牛鬼がお出迎え。

カウンターもあるので、1人で来ても大丈夫!

店内の雰囲気はこんな感じ。居酒屋というよりは、実家のリビングのようです。多いときは、お客さん全員が愛媛出身だったりすることもあるらしい。

2人の出身地は、もちろん愛媛県宇和島市。高校生のときに知り合ったそうです。大阪に出てきて偶然にも再会し、結婚。なんて運命的な出会いなんだ。
奥さんの職場が近い小阪で暮らし、ご主人はサラリーマンでした。
「定年で仕事を辞めるよりも、2人でずっと働いていたかった」とご主人。
奥さんの料理の才能を活かし、飲食店をすることに。2016年12月、あんどう亭をオープンします。
こんな素敵なお話を聞いていると、ご飯を食べる前からお腹がいっぱいになりそう。

宇和島産レモン。一般的なレモンより、一回り大きい。

宇和チュー(500円)

ぼく自身初訪問だったので、愛媛のことを知るために、おすすめを出してもらいました。
まずは宇和島産レモンを使った、宇和チュー。なんて爽やか!始めの一杯におすすめです。

おばんざい盛り合わせ(200円×品数・単品の場合は400円)

料理は、おばんざい盛り合わせから。
ひじき・・・宇和島産
もやしのナムル風・・・大阪産
わかごぼう・・・八尾産
いかだいこん・・・大阪産
菜の花の酢味噌和え・・・菜の花・大阪産、酢味噌・今治産
しろなのおかか和え・・・大阪産
かぼちゃの煮つけ・・・大阪産

基本的には愛媛の食材。足りないものは大阪の食材を使い、すべて国内産にこだわっています。

真珠貝(アコヤ貝)貝柱の塩焼き(650円)

続いては、真珠貝(アコヤ貝)貝柱の塩焼き。コリコリした食感で、ほのかに潮の香りもしてお酒のアテにぴったりです。

賀儀屋7(600円)

「愛媛は酒蔵の数が日本一なんですよ」とおすすめの日本酒を出してくれました。
真珠貝貝柱の塩焼きには日本酒がぴったりなんだとか。
取材を忘れて飲み過ぎるところでした。

宇和島じゃこてん(300円)

大きめにすり潰したじゃこの歯ごたえがする宇和島じゃこてん。宇和島を代表するフードなので、ここに来たらぜひ召し上がれ。

丸ずし(500円)

次に丸ずしをいただきました。酢入りのおからをシャリに見立て、ネタは太刀魚。本来はきびなごで作るそうですが、ここでは魚を日替わりにしています。

そろそろお腹もいっぱいになってきたので、〆を注文することに。

宇和島鯛めし(700円)

すると奥さんが「鯛めしって知ってますか?」と、このセットを運んできました。
「私がやるので」と慣れた手つきで、鯛めしを作ってくれます。

これが完成形。別名「究極の玉子かけごはん」とも言うらしい。

脂が乗った鯛に卵黄とだし醤油が絡まる。こんな贅沢はありません。かき込んで食べるのが宇和島流。ここに来たら必ず食べるべき一品です。

こんなおいしいものばかりあるなんて、宇和島に生まれたかったと後悔。

25〜26年大阪に住んでいるので、関西弁が移っちゃいましたと話してくれました。

「今まで飲食業に就いたことはなく、料理をしたこともなかった」とご主人は言います。
メニューやお酒は、お客さんに教えてもらい増やしてきました。
「店をやっていなかったら出会ってなかった人との出会いもあり、今はとても楽しいです」と2人。

ぼくがお店にうかがったときにいた宇和島出身の常連さんは、「地元の料理が食べられるお店ができたのはうれしい。地元の話で盛り上がるしね」と話してくれました。
生まれ育ったまちの食べ物・味というのは一生忘れることはありません。郷土料理が食べられるお店は、こうして愛されていくのかも。

愛媛には、県独自のブランドとなる農林水産物やその加工食品の発掘・認定、新しい商品の開発を支援する「えひめ愛フード推進機構」があります。宇和島料理にこだわって提供しているあんどう亭は、2019年2月5日に同機構から「えひめ食の大使館」に認定されました。

認定されたときの賞状が店内に飾ってあります。じゃこ天味のポテトチップス食べてみたい…。

居酒屋にお酒を飲みに行くのもいいですが、実家に帰ってきた気分になれるあんどう亭で、愛媛・宇和島の郷土料理に舌鼓をしてみてはいかがですか。

■あんどう亭
住所:東大阪市小阪本町1-6-13
営業時間:17:30~22:00(L.O.)
定休日:火曜日
TEL:06-6730-8732
ホームページ:Facebook
駐車場:近くのコインパーキングへ
アクセス:河内小阪駅から南に徒歩3分

スポンサーリンク

ホッケー 梶間

ホッケー 梶間

投稿者プロフィール

山口県出身。
大学生のときに大阪にやってきました。
高校からホッケーを始め、現在もやっています。
なのでホッケー梶間です。
10chとYouTubeを見て生きています。
食べに行ったお店の中で1番カロリーが高そうなものをだいたい注文します。

スポンサーリンク

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

リーグワンを愛して2022

俊徳道ゴールドラッシュ俊徳道ゴールドラッシュ

東大阪ローカルメディア的日常東大阪ローカルメディア的日常

東大阪街角定点観測特設サイト

まず密にならない東大阪名所案内

ついに物販に進出!週ひがエコバッグ販売中。

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

新型コロナウイルス感染症対策サイト(非公式)

プロ野球人名辞典

東大阪の今を知るツイート!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

LINEオフィシャル

週刊ひがしおおさかのLINEアカウントは、週に1,2回東大阪の情報をお届けします。ぜひ友達登録してください。

週間人気記事

この1週間の人気記事

Last Update 2022.05.25

Honya Club.com
ページ上部へ戻る