マンデーベースボールリーグという日常が帰ってきた!Red’Sのサヨナラ勝ちでリーグ再開

   

緊急事態宣言が発出され、4月7日に中断せざるを得なくなった大阪マンデーベースボールリーグ(OMBL)。リーグ発足22年で初の出来事です。
そのOMBLが、6月8日に帰ってきました。

藤原会長は「再開できてうれしい。外出自粛期間中は、各チーム個人でトレーニングに励んでいたと聞いています。その成果を存分に発揮してもらいたいです。」と、再開に期待を込めます。

OsakaBigSharksの監督も務める藤原会長。

しかし、今まで通りの野球はできません。ベンチに入るときはマスクをしたり、消毒液を置いたり。

きちんとマスクを装着!

試合開始の握手も、感染拡大防止のためできなくなりました。

足であいさつを交わす両チームの監督。あまりうまく撮れなかった…。

再開と聞き、金岡公園で行われた第2試合のRed’s vs 住之江JAPANの取材へ。
両投手が粘りのピッチングで完投し、1点を争う接戦に。劇的な結末で幕切れとなりました。

Red’s 4-3 住之江JAPAN
ここまで3勝3敗のRed’sと2勝4敗の住之江JAPANの対戦。

1回表、住之江の攻撃。

Red’sの先発は甲斐。

Red’sの先発・甲斐は制球が定まらず、1番・池之内、2番・今西を四球で歩かせます。2者に盗塁を許し、ノーアウト2塁3塁。一打先制の場面で、3番・西岡の強烈な打球は三遊間へ。

先制の一打!

抜けるかと思われた打球を、サード・篠原がスライディングキャッチ。1点を奪われますが、ファインプレーが飛び出します。
その後は続かず、1-0で表は終了。

1回裏、Red’sの攻撃。

住之江の先発は石川。

すぐに追いつきたいRed’sは、1番・津山がランナーで出ますが、住之江のファインプレーに阻まれ追いつくことはできません。

2回表の住之江は無得点。

2回裏、Red’sの先頭4番・濃原はキャッチャーフライに倒れますが、5番・曽谷が四球で出塁。その後、盗塁と後逸で3塁に進みます。続く6番・山崎がセンター前ヒット。

同点のホームを踏む曽谷。

1-1の同点に追いつきます。さらなる追加点を狙いますが、後続は倒れます。

3回表、裏は両チームとも無得点で終わり、迎えた4回表。
1アウトから、9番・月裏が四球、1番・池之内がヒットで出塁します。2番・今西は死球で1アウト満塁と追加点のチャンス。3番・西岡は倒れますが、4番・松本がレフトオーバーのフェンス直撃の2点タイムリーヒット。

4番の役目をしっかりと果たします。

5番・山本はショートフライになりますが、3-1と逆転に成功します。

4回裏、5回表は動かず、5回裏のRed’sの攻撃。
1アウトから、9番・甲斐、1番・津山がヒットで出塁します。2番・住田はピッチャーゴロに倒れますが、3番・篠原が左中間へのタイムリーツーベースヒット。3-3の同点に追いつきます。

高めのボールを捉えた!

逆転のムードが漂いましたが、4番・濃原はピッチャーフライで3アウト。

草野球には90分を超えて次の回に進まないというルールがあります。時間的に最終回となる6回。
住之江は1番・池之内から始まる好打順でしたが、無得点で終えます。

6回裏、1アウトから6番・福井と7番・山崎がヒットで出塁。1塁2塁とサヨナラのチャンスを迎えます。8番・林がセカンドへの内野安打を放ち、セカンドがもたついている間に福井がホームへ。際どいタイミングでしたが、タッチアウトとなります。

あと1秒あればわからなかった。

しかし、これで終わらなかったRed’s。
ここまで1人で投げてきた9番ピッチャーの甲斐。住之江のピッチャー・石川の4球目を捉えた打球は右中間に落ちて、サヨナラヒット。

感染防止対策で、うれしくてもハイタッチはしません。

自らのバットで勝利を勝ち取りました。

試合後の声

勝利したRed’sの監督と、投打で活躍した甲斐投手にインタビューしました。

甲斐投手

ー今日のピッチングの出来栄えは?
甲斐 約3ヶ月ぶりのマウンドで、暑かったのもあって、キツかった。練習もあまりできてなかったんですが、最後まで投げきれて良かったです。

ーサヨナラヒットも打ちました。
甲斐 あれは無で打ちました。良いところに飛んでくれたので、良かったです。

ー今後の意気込みを。
甲斐 予選リーグが終わって準決勝リーグに進めるように、1試合1試合大事に戦っていきます。


住田監督

ー久しぶりの野球。感想は?
住田 いやぁ、やっぱ楽しいですね。外出自粛期間中は、ずっとトレーニングをしていたので、その甲斐がありました。

ー今日の試合を振り返って。
住田 今日の試合は甲斐投手のおかげ。それに尽きますね。

試合はRed’sのサヨナラ勝利となりましたが、OMBLは勝ち負けではありません。
野球が好きでやっているんだから!

6月8日(月)の試合結果

左が勝ちチーム・同点は抽選となります。

金岡
Red’s 16-1 レッドリボン
Red’s 4-3 住之江JAPAN
大阪アスレチックス 17-0 住之江JAPAN
SamuraiDenkees 不戦勝 KFCフェニックス

門真
パラダイス 3-1 トヨタクラブ新大阪
トヨタクラブ新大阪 1-0 オリオンズ
TOYOTA HK BROTHERS 3-2 オーシャンズ
TOYOTA HK BROTHERS 8-1 大阪06パイレーツ

※週刊ひがしおおさかでは毎週、大阪マンデーベースボールリーグの結果をトップページに掲載します。たまに写真も掲載します。

フォトギャラリー

大阪マンデーベースボールリーグ
日時:2月から12月まで
場所:東大阪市近辺の野球場

スポンサーリンク

ホッケー 梶間

ホッケー 梶間

投稿者プロフィール

山口県出身。
大学生のときに大阪にやってきました。
高校からホッケーを始め、現在もやっています。
なのでホッケー梶間です。
10chとYouTubeを見て生きています。
食べに行ったお店の中で1番カロリーが高そうなものをだいたい注文します。

スポンサーリンク

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

リーグワンを愛して2022

俊徳道ゴールドラッシュ俊徳道ゴールドラッシュ

東大阪ローカルメディア的日常東大阪ローカルメディア的日常

東大阪街角定点観測特設サイト

まず密にならない東大阪名所案内

ついに物販に進出!週ひがエコバッグ販売中。

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

新型コロナウイルス感染症対策サイト(非公式)

プロ野球人名辞典

東大阪の今を知るツイート!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

LINEオフィシャル

週刊ひがしおおさかのLINEアカウントは、週に1,2回東大阪の情報をお届けします。ぜひ友達登録してください。

週間人気記事

この1週間の人気記事

Last Update 2022.11.21

Honya Club.com
ページ上部へ戻る