統悦、終了間際にトライで近鉄の成長を体現 トップリーグ100試合で

今シーズン、坪井新監督は「打倒トップ4」が掲げ、シーズンをスタートさせました。
パナソニックは昨シーズンまでトップリーグを三連覇しているチーム。トップ4どころかチャンピオン中のチャンピオンです。
入場する選手たちも、覚悟を決めた表情。今年最初のターゲットに、、、

あれ?
あの人は?
あの人がいませんよ?

13に入っていたアンドレ・テイラーが見当たりません。
どうやら、試合前の練習でけがをしたよう。急遽リザーブの吉川が13に入り、23に井波が。試合開始前から、不穏な空気が漂います。

キックオフからすぐ、トライを奪ったのはパナソニックでした。3分に3三上がゴールライン前でフェーズを重ねてトライ。コンバージョンを蹴る10バーンズも、当然のように決めて0-7。
いきなり先制を許します。

これで目が覚めたのか、ライナーズは動きがよくなります。高かったディフェンスも修正。テンポよくボールを動かすと、後手に回るパナソニックから続けてペナルティを得ることに成功。PGを2本決めて、6-7と追いすがります。

dsc_9202-001

テイラーのけがで急遽スタメンに入った13吉川。前節に続き、絶好調。

お互いに、ボールを持って攻め出すと敵陣深くに入り込む展開。スタンドのファンも、大きな声で声援を送ります。力が拮抗するかに見える展開でも、パナソニックはジワジワと点差を広げます。
23分にゴール前ラックのサイドを走り込んで来た8ツポウがトライを奪うと、その後も近鉄のペナルティーに乗じてPGを2つ追加。
前半32分を過ぎて、気がつけば6-20と2トライ2ゴール差です。
これ以上離されてはいけない。

dsc_8062-001

10重光からのオフロードパスをキープする2樫本。

しかし、パナソニックのプレッシャーが厳しい。
そんな前半終了間際、中盤で乱れたボールをパナソニックが確保しそのまま右サイドへ回すと、外に完全に1人余ります。
あとパス一つでトライを奪われる!
そんな時に、飛び出してタックルを決めたのが、テイラーに変わって13に入った吉川でした。
相手の動きを止めると、他のライナーズのプレイヤーもサポートに入ります。
パナソニックからペナルティーを奪い、そのまま前半終了。ピンチをしのいだのです。

少し点差は広がりましたが、スクラムもラインアウトも勝っています。後半は一気に逆転だ!

そんなファンの願いが届いたのか、後半早々にヤングライナーズが魅せてくれました。
2分、自陣深くの苦しい位置から、ボールを回すと15宮田の短いパスに、11南藤が角度を変えて走りこみます。虚をつかれたパナソニックディフェンスを切り裂いて、一気に敵陣へ。サポートで、外を走っているのは再び15宮田です。2人のコンビネーションで、22mライン付近まで持っていくと、パナソニックのペナルティーを誘います。

dsc_9257-001

11南藤のスピードが、8ラトゥイラのトライを演出した。

そして、当たり前のようにクイックで攻めると、8ラトゥイラがフィニッシュ、トライ!!10重光のコンバージョンも決まると、13-20と7点差に迫ります。

dsc_8412-001

やったっぜ!やったぜラトゥイラ!

まさにMOVE FIRST!!
重要な局面で、やらなければいけないプレーを個々が理解し遂行する。
シンプルで、明確な意図が15人から感じられるのです。
ライナーズは、成長している!心にブレがない!

さらに後半16分に、19統悦が入るとボルテージは最高潮。トップリーグ100キャップを達成することになった男に、勝利をもたらしたい。
グラウンドとスタンドが一つになった瞬間でした。

しかし、そんな流れをライナーズは自ら手放します。
後半20分に敵陣22m付近のラインアウトを奪われると、リスタートになったハーフウェイライン付近のラインアウトを再びミス。奪われたボールを、パナソニック・10バーンズがハイパントを上げると、走り込んだのは今シーズンの補強の目玉13ナイヤラボロ。190cmを超える巨大なCTBは、ハイボールを奪うと、近鉄陣深くへ。近鉄のディフェンスがナイヤラボロに集まると見るや、中央へ返し12森谷がトライ。コンバージョンも当然のように決めて13-27。

dsc_8304-001

12ファインガのタックルがピンチの芽を摘み続けた。

さらに27分、13ナイヤラボロにルーズボールを奪われると、今度は自ら右隅を走りぬきトライ。13-32。残り10分あまりで19点差と、逆転はかなり厳しい時間に差し掛かります。

トップ4の壁は、やっぱり分厚い。個々のプレーでは勝っていた。この点差はなんの差なのか。

そんな意気消沈したスタンドに、喝を入れたのが、タウファ統悦でした。
勝ちがなくなった後半のロスタイム。ラストワンプレーでなんとかトライをと攻めるライナーズですが、なかなか鉄壁のパナソニックディフェンスを崩せません。それを統悦はこじ開けます。トライを奪い取ったのが統悦でした。

dsc00208-001

獲った!統悦が自らの手で100試合を祝います。

最終スコアは20-32。必要ない被トライもありました。ミスで自らの首を絞めたこともありました。

「セットピースもディフェンスも負けていない。でも、パナソニックさんは要所でプレッシャーをかけ、こちらのミスを誘うことができる。」
試合後、豊田キャプテンは答えます。

2013年の金鳥スタジアムでの開幕戦で、試合開始から攻め続けられ0-46で負けたこと。
昨年、西京極では前半リードして折り返すも後半に逆転されて27-47で負けたこと。
数々の敗北を乗り越えて、ライナーズは、一つずつ階段を上っています。課題を解決し、できることを増やして、トップ4に勝つための途上に今いるのです。
絶対、来年は勝つぞ!

今週の週ひがMVPは、そんなライナーズの成長を、最後のトライで体現したタウファ統悦選手です。今日で、トップリーグ100試合出場でもあります。
「近鉄でプレーできて、本当にうれしい。みんなにおめでとうって言ってもらえた。今日は負けたし、まだ優勝をしたことはないけど、僕はこのメンバーでいつか優勝できると思ってるんだ」

dsc00325-001

100試合の胴上げ。ウェスト時代を合わせればもっと行ってます。

統悦選手が近鉄に入団したころ、ライナーズは下部リーグのトップウェストでした。なかなか上がれずに苦しいシーズンを過ごしました。なんとかトップリーグに復帰し、少しずつチーム力をつけて、今王者パナソニックと対等に戦える位置にいます。

「前半の問題点も試合中に修正できていました。状況に対応できていますし、MOVE FIRSTもできています。次のNTTコミュニケーションズ戦にしっかり準備して挑みます。」
と坪井監督の試合後のコメントも、チームの成長と充実を感じさせるものです。

さあライナーズ、次なるステージへ。来週はユアテックスタジアム仙台で、NTTコミュニケーションズ戦!

フォトギャラリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

MaechanYK

MaechanYK東大阪探検隊隊長・編集長

投稿者プロフィール

特定非営利活動法人週刊ひがしおおさか代表編集長兼東大阪探検隊隊長。
ふとした思いつきからはじめたWEBサイトが、もうすぐ10年。
もっともっと影響力を持ったサイトにしていきたいです。

好きなモノ:近鉄ライナーズ、阪神タイガース、競馬、ゲーム、プラモデル、楽でお金になる仕事。
嫌いなモノ:愛、本物

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク


スポンサーリンク

ラグビーの話をしよう

carry_top1東大阪カレーパン会

r_meshi_top東大阪ラグビーめし展開中

ラグビーフリーペーパーDAEN創刊号

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

子どもたちの健全育成をサポートする。

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

android_hedderついに出た!週刊ひがしおおさかのスマホアプリ。絶対に落とそう。

TopLeagueNittei201516Bジャパンラグビートップリーグの日程表。実は公式より見やすい?

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

chitose_sosu


プロ野球人名辞典

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
週ひがLINE@は東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com