ラグビーの話01 ラグビー日本代表とサンウルブズについて

先日、ラグビーにそんなに詳しくない人とラグビーの日本代表の話をしていたとき。「山田章仁が日本代表なのか」と言う話題になりました。
厳密に言うと、
「奥さんがモデルのあの選手は…」
だったのですが(笑)
五郎丸歩選手が海外移籍して、ほぼ露出がなくなっている今、もっとも目にするラグビー選手が山田章仁選手ということでしょう。
多くの非ラグビーファンの方は、当然日本代表だと感じているのではないでしょうか。

昨シーズン、トライを決めてガッツポーズをする山田選手。

昨シーズン、トライを決めてガッツポーズをする山田選手。

ラグビー日本代表は基本的に6月と11月にしか試合をしません。4月から5月に行われるアジアラグビーチャンピオンシップに参加するのは、若手主体です。
世界の強豪国も、この2ヶ月は代表活動期間。北半球と南半球の国が一斉に対戦しあうのです。
今年の6月の日本代表は、日本国内でルーマニアと1試合、アイルランドと2試合を行う予定です。

日本ラグビーは今激動の最中にあり、それは代表の仕組みにも当てはまります。昨年から就任したジェイミー・ジョセフヘッドコーチ(監督だと思ってください)は「理想を言えば、日本代表はサンウルブズから選びたい」と言っています。

サンウルブズ対トップリーグオールスターズの試合後、サンウルブズのティアティアHC(中央左)と並んで会見を受けるジョセフHC(中央右)。

サンウルブズ対トップリーグオールスターズの試合後、サンウルブズのティアティアHC(中央左)と並んで会見を受けるジョセフHC(中央右)。

このサンウルブズが、日本ラグビーの激動を象徴しています。世界中にたくさんあるラグビーのリーグの中で、最もレベルが高いのはスーパーラグビー。ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカなどのラグビー強豪国のクラブチームが集う、国際リーグ戦です。

そんなスーパーラグビーに昨年から参入したのが、日本のサンウルブズ。日本代表資格を持つ選手を中心にメンバーを構成し、2月から8月まで長期のリーグ戦を戦っています。

1チームだけ北半球のチームとあって、移動は超長距離。さらに、日本は参加する国の中で世界ランクが飛び抜けて低いため、世界的に賛否が分かれるなか、昨年は1勝13敗1分。今年も2月25日に初戦を迎えました。スーパーラグビーの所属チームは、クラブチームと言ってもナショナルクラス。上位は強豪国のナショナルチームよりも、確実に強いと言われます。

今季の初トライは、福岡選手(右)からパスを受けたフィルヨーン選手(左)

今季の初トライは、福岡選手(右)からパスを受けたフィルヨーン選手(左)

サンウルブズのスーパーラグビー参戦の最大の目的は、日本代表の強化。所属する選手も「日本代表に準ずる」とされます。

さて、長々と説明して来ましたが、文頭の山田章仁選手の話に戻ります。
結論的に言うと山田選手は、今年はサンウルブズのメンバーではありません。昨年はサンウルブズに参加し、リーグの(スーパーラグビー全体の!)トライ王争いをするなど実力は折り紙つき。しかし今年はまだメンバーではありません。

スーパーラグビーでもスーパープレイを連発していた。

スーパーラグビーでもスーパープレイを連発していた。

では、山田選手が日本代表ではないのか。と言うと、そうとも言い切れません。日本代表は基本的に6月に活動するからです。山田選手がサンウルブズに参加していないのも、家族との時間を優先させるためとのうわさもあります。他にもリーチやマフィなど、サンウルブズより強いチームでプレーする選手をどうするのか。

端的に言えば
「6月になるまでわかんねぇよ」
なのです。しかし、常に代表が活動して、国内リーグと並行して試合をこなすサッカーの日本代表のスタイルが一般的である日本では、ちょっとだけわかりにくいかもしれません。
そんな世界の常識を、よく知らない人たちに伝えていくのが私達週刊ひがしおおさかの幸せでもあります。

今から22年前の1995年。ラグビーワールドカップ南アフリカ大会で、日本はニュージーランドに145-17と大敗を喫しました。
と同時に、人気競技の座を明け渡し、長い低迷に入りました。

しかし、そこから日本ラグビーは変わり続けました。トップリーグの創設をはじめ、様々な変革を試み、
たくさんの失敗を繰り返しながら、ようやく、世界の強豪と同じステージで戦うまでに至りました。
その象徴が一昨年の南アフリカ戦勝利であり、サンウルブズのスーパーラグビー参入です。

強豪とも互角に闘うサンウルブズや日本代表を見て
「ラグビーって楽しいな」
と思える人が増えれば、何よりも幸せなことです。
ラグビーワールドカップ、サンウルブズ、日本代表の躍進。
ラグビー選手をバラエティ番組で見かけ、海外移籍がニュースになり、奥様がテレビ出演する。
そんな激動の日本ラグビーの端っこにでも、関われている自分たちを誇りに感じ、また緊張もする。

そんな幸せを噛み締めつつ、楽しんでいけたらなと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

MaechanYK

MaechanYK東大阪探検隊隊長・編集長

投稿者プロフィール

特定非営利活動法人週刊ひがしおおさか代表編集長兼東大阪探検隊隊長。
ふとした思いつきからはじめたWEBサイトが、もうすぐ10年。
もっともっと影響力を持ったサイトにしていきたいです。

好きなモノ:近鉄ライナーズ、阪神タイガース、競馬、ゲーム、プラモデル、楽でお金になる仕事。
嫌いなモノ:愛、本物

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

    • エリソン
    • 2017年 3月 02日

    厳密にはスーパーラグビーはクラブチームによるプロリーグではなく地域代表チームによるプロリーグです。
    このようなプロ化した地域代表チームのことをラグビーの世界ではsuper clubと呼んでいます。
    super clubの傘下地域には多くのクラブチームと登録選手が存在していて、その中から優れた選手を選抜し、プロ契約を結ぶという形態です。

    ちなみに、欧州のPro12もsuper clubによる大会になります(ローマ地域のsuper club参入計画が頓挫した代替で参入したベネトン・トレヴィーゾだけは普通のクラブチームです)。

    サッカーのフォーマットに慣れ親しんでいる向きには違和感がある形態かもしれませんが、例えば、クリケットなども地域代表チームの大会をプロリーグ化している場合が多いです。

    (注意)イングランドのpremiershp やフランスのTop14は、普通のクラブチームによるプロリーグです。

    • MaechanYK
      • MaechanYK
      • 2017年 3月 03日

      ご教授ありがとうございます。
      話題を簡単化するため、諸々説明しきれていないのですが
      ワールドクラスな概念もボチボチ話題にしていければと思います。
      今後とも宜しくお願いします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがのイチオシ

koukouyakyuumatome

スポンサーリンク


スポンサーリンク
r_meshi_top東大阪ラグビーめし募集中

ラグビーフリーペーパーDAEN創刊号

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

子どもたちの健全育成をサポートする。

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

android_hedderついに出た!週刊ひがしおおさかのスマホアプリ。絶対に落とそう。

TopLeagueNittei201516Bジャパンラグビートップリーグの日程表。実は公式より見やすい?

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

chitose_sosu


プロ野球人名辞典

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
週ひがLINE@は東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com