今シーズンのJFLは残り3試合 2020年11月14日(土)FC大阪vs高知ユナイテッドSCの見どころを紹介

この記事は
   

東大阪市をホームタウンとし、JFL(日本フットボールリーグ)に所属するFC大阪。
今シーズンは残すところあと3試合で、現在の順位は5位。J3リーグに参入するためには、4位以内に入らなければいけません。
次節(11/14)、次々節(11/22)はホーム・服部緑地陸上競技場での試合。ホームに少しでも多くのお客さんに来てもらって、勝利の後押しをしてほしい。
なので、残り3試合は見どころを紹介していきます。

目次をつけていますので、「FC大阪の紹介はいいから、試合の見どころだけ見たい!」っと人は、そこまで飛ばして読んでください。

目次
1.FC大阪ってどんなチーム?
2.今シーズンのFC大阪
3.次節vs高知ユナイテッドSCの見どころ
4.前節の試合ごインタビューも見ておきましょう!



1.FC大阪ってどんなチーム?

2019年1月には、東大阪市と連携協定も結びました。

2018年11月から東大阪市をホームタウンとし、現在はJFL(日本フットボールリーグ)に所属。J3リーグの1つ下のリーグなので、4部相当。JFLには16チームが所属し、例年であればリーグ戦は3月に開幕します。ホーム・アウェイそれぞれで戦うので、年間30試合開催。
しかし、今年は新型コロナウイルスの影響で、開幕が7月に延期。後半日程のみとなり、半分の15試合になりました。

JFLには、Jリーグ入りを目指すチームとそうでないチームがあります。FC大阪はJリーグ入りを目指すチーム。そのため、参入に必要である「Jリーグ百年構想クラブ」と「J3ライセンス」を今年取得しました。
J3に参入するにはこの2つに加え、「年間観客動員数30000人以上」「年間順位4位以内のうち、Jリーグ百年構想クラブを保有する上位2チーム」とあります。
今年は無観客試合や入場制限が行われてきました。そこで、年間観客動員数は加味されず。4位以内に入れば、J3参入の可能性があるのです。

「FC大阪のことをもっと知りたい」って人は以下の記事をご覧ください。



2.今シーズンのFC大阪

開幕戦を4-0で勝利し、「今年は何かが違う」と感じることもありました。

今シーズンここまでのFC大阪は、5勝2分5敗で5位につけています。

開幕から3連勝で一時は首位に立ったことも。しかしその後は、2分3敗と5試合勝ちがなく、気づけば8位に。1勝を挟んでから、第25節では5失点26節では4失点と、「このままで大丈夫か?」と思わせる試合もありました。

それでも前節のラインメール青森戦を3-0で勝利。現在4位のHonda FCとの勝点差は3で、なんとかJ3参入に向け望みをつなぎます。

今シーズン、勝った試合と引き分けの試合、負けた試合では内容が全く違いました。

まずは勝った試合と引き分けの試合。
今年のスタイルは、相手がボールを回しているときに全員で素早くプレッシャーをかけにいきます。例えば、相手DFが持っているときはFWが。ここで取ることができなくても、次にパスが渡った先で、同じようにプレッシャーをかけます。1人で取れなかったときは2人、3人で。相手が少しでもミスをしたらボールを奪って、カウンターで攻撃。FW川西誠を中心に得点を奪ってきました。

しかしこれには弱点もあります。1人が相手に寄せるので、その選手がマークしていた相手選手がフリーに。うまいチームだと、マークが空いた瞬間にパスを出されてしまい、崩されて失点ということもありました。

ほとんどの試合で3(DF)-5(MF)-2(FW)や3-4-3のフォーメーションを取ってきたFC大阪。この陣形だと全体的に中央に固まってしまうので、サイドバックの外側にスペースができてしまい、そこを狙われて攻撃を受けることが多くありました。

負けてしまったほとんどの試合は共通しています。FC大阪の選手がプレスをかけに行ったことによりフリーになった選手にパスでつながれ、最終的にサイドバック外側のスペースに攻め込まれ、センタリングから失点。

しかし、先週行われた第27節vsラインメール青森(以下、青森)戦では、4バック(DF4人)に変更することで、サイドのスペースをなくします。すると、これが見事にハマって無失点。残り3試合への希望が見えてきました。



3.次節vs高知ユナイテッドSCの見どころ

ヘディングシュートを打つ、川西。得点がほしいときに、決めてくれます。

FC大阪はこれまで通りの3-5-2や3-4-3のフォーメーションでいくのか、それとも前節で手応えのあった4バックの4-3-3で行くのか。
ここまで12試合を終えて22得点(1試合平均1.83)は、全体で2位です。
「先制点を取れば乗っていけるチーム」(川西)と話すように、先制点を取って負けたのは1試合のみ。今シーズンはどの選手も得点が取れる力があります。まずは先制点が必須となるでしょう。

対する高知ユナイテッドSC(以下、高知)は現在16位。守備に重きを置いた4-3-3か4-4-2で来ることを予想します。中盤や最終ラインでパスをつないで、最後に縦にロングパスを送る攻撃が中心です。DF平田挙一朗はロングスローを投げられる選手。第21節の東京武蔵野シティFC戦ではロングスローからの失点もあったので、気をつけたいポイントです。

高知は今年JFLに加入したチームなので、パスの早さや正確さはそこまでありません。パスが渡った直後にプレスをかけにいけば、ボールを奪えるチャンスはあります。前節対戦した青森と同じように、ゴールキックからDFにパスを出してDFラインでパスを回してくることも。ここでFC大阪が奪って攻撃にいくチャンスもありました。DFラインでのパス回しを奪えたら、ゴールは目の前なので、間違いなく狙うべきポイントです。

高知は今季あげた2勝のうち1勝はあのHonda FCから。さらに11月11日に行われた天皇杯3回戦でも勝利しており、勢いに乗っているチーム。まずは先制点を挙げて、FC大阪は試合を優位に進めたいところです。

さて、次節は11月14日(土)服部緑地陸上競技場で13:00K.O.。勝利すればJ3参入圏内の4位に浮上する可能性も。必勝だ!

今年は全試合Youbtubeの「あすリートチャンネル」でライブ配信しています。
↓↓↓
あすリートチャンネル


4.前節の試合ごインタビューも見ておきましょう!

スポンサーリンク

ホッケー 梶間

ホッケー 梶間

投稿者プロフィール

山口県出身。
大学生のときに大阪にやってきました。
高校からホッケーを始め、現在もやっています。
なのでホッケー梶間です。
10chとYouTubeを見て生きています。
食べに行ったお店の中で1番カロリーが高そうなものをだいたい注文します。

スポンサーリンク

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

リーグワンを愛して2022

俊徳道ゴールドラッシュ俊徳道ゴールドラッシュ

東大阪ローカルメディア的日常東大阪ローカルメディア的日常

東大阪街角定点観測特設サイト

まず密にならない東大阪名所案内

ついに物販に進出!週ひがエコバッグ販売中。

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

新型コロナウイルス感染症対策サイト(非公式)

プロ野球人名辞典

東大阪の今を知るツイート!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

LINEオフィシャル

週刊ひがしおおさかのLINEアカウントは、週に1,2回東大阪の情報をお届けします。ぜひ友達登録してください。

週間人気記事

この1週間の人気記事

Last Update 2022.06.21

Honya Club.com
ページ上部へ戻る