F.C.大阪、湘南ベルマーレとの天皇杯2回戦はPK戦の末、敗戦 J1のチームとの対戦で得たものは…

   

いやー、惜しかった。J1のチーム相手にPK戦までもつれる展開。金星まであと一歩でしたが、わずかに届かず。ただ、この負けをこのまま終わらせるのではなく、しっかりリーグ戦につなげてほしい。

2021年6月9日(水)、天皇杯2回戦が行われ、大阪府代表のF.C.大阪はJ1リーグ所属の湘南ベルマーレと対戦しました。

会場は神奈川・レモンガススタジアム平塚。

結果は0-0、その後の延長戦でも決着がつかずPK戦に。5人のキッカーのうち2人が外してしまったF.C.大阪は敗退しました。
この試合の見どころはこちら↓↓

天皇杯1回戦を勝利したF.C.大阪は、2回戦から登場のJ1・湘南ベルマーレ(以下、湘南)と対戦。
試合後の記者会見で印象的だったのが、湘南・浮嶋敏監督の「F.C.大阪は強かった。JFLでも上位を狙えるチームだと思う」と話していたこと。

湘南ベルマーレの浮嶋監督。この日の記者会見はZoomにて行われました。

記者室でも、湘南の取材に来ていた記者さんたちに、「マジで負けるかと思った」と言わせるほど。J1のチームを最後まで追い詰めましたが、あと一歩及びませんでした。

この試合、F.C.大阪が通用したこと、通用しなかったことは…。
通用したこと
・前線からの激しいプレス
・サイド攻撃

通用しなかったこと
・ゴール前での競り合い
・クリアミスが多かった

まずは通用したことから。
昨シーズンから塚原真也監督体制となり、相手がボールを持ったら前線から激しいプレスをかけて、奪ったらショートカウンターというスタイルで戦ってきました。この試合でも随所にこのプレーが見られ、湘南の選手はトラップミスをしたり、パスミスをする場面も。

スライディングしてボールを奪いにいくFW田中直基。

F.C.大阪が惜しいチャンスを作ったときもこの形から。奪ったボールをMF大山武蔵や久保吏久斗がサイドを持ち上がってゴール前まで攻め込むシーンを何度も作りました。

久保のスピードはJ1相手でも通じた!

浮嶋監督も「脅威に感じていた」と話すほどで、今後もストロングポイントとして出していくべきでしょう。

次に通用しなかったこと。
この試合で得点が入らなかった要因に、ゴール前での競り合いで負けていたことが挙げられます。サイドを攻め上がった大山や久保がセンタリングを上げますが、ほとんどのボールを相手にクリアされてしまいます。得意のコーナーキックもすべて跳ね返されてしまいました。リーグ戦でも無得点が続いているため、改善が必要です。

クリアミスが多かった点は、この試合に限らずリーグ戦でも言えること。自分たちのゴール前でクリアしたボールを中へ返してしまい、それが相手に渡って再び攻め込まれるというシーンが多くありました。結果的には無失点に抑えましたが、今後リーグを戦っていく上で、修正していかなければなりません。

この試合、ナイスセーブを連発したGK田中大貴。

この試合、無失点に抑えられた要因にセンターバック(CB)2人の活躍も挙げられます。4バックで臨み、CBは岩本知幸と坂本修佑。この2人が公式戦でコンビを組むのは初めてです。

チームのキャプテンを務める岩本(写真左)。今シーズン、リーグ戦の出場はまだありません。

最近の試合では失点が多く、守備に課題がありましたが、この試合では格上相手に無失点。岩本はF.C.大阪に10年在籍し、主にCBでプレーしてきました。坂本は今シーズン加入ですが、ここまでほとんどの試合でCBで出場。岩本のこれまでのプレー経験を生かした守備、身長が高くヘディングに強い坂本。今後シーズンを戦っていくなかで、新たな可能性を感じさせてくれました。

試合は90分では決着がつかず、規定により延長戦(前後半15分ずつ)に入りますが、ここでも決着がつかずPK戦に。

PK戦を前に、全員で円陣を組みます。

「ベストのメンバーを選んだ」と、塚原監督は5人を送り出しました。
※PK戦は両チーム5人ずつ選出し、決着がつかなければ6人め、7人め…とサドンデスになります。

PK戦の結果は上の通り。F.C.大阪のキッカーは
1人め:附木雄也
2人め:坂本修佑
3人め:田中直基
4人め:木匠貴大
5人め:岩本知幸

1人めの附木と5人めの岩本が外してしまい、勝利とはなりませんでした。

試合には負けましたが、下を向いている選手は誰もいません。

J1のチームから試合内容はほぼ互角。収穫も多くあり、今後リーグ戦を戦っていく上で、かなりプラスになった試合だったでしょう。リーグ戦では不本意な戦いが続いているだけに、ここで切り替えて、再び連勝街道を築いていってくれ。

会場からは大きな拍手が送られました。

リーグ戦次の試合は第13節(第12節はお休み)。6月20日(日)13:00K.O.、アウェイ・角田市陸上競技場にてソニー仙台FCと対戦します。


■FC大阪公式ホームページ:F.C.大阪公式ウェブサイト

スポンサーリンク

ホッケー 梶間

ホッケー 梶間

投稿者プロフィール

山口県出身。
大学生のときに大阪にやってきました。
高校からホッケーを始め、現在もやっています。
なのでホッケー梶間です。
10chとYouTubeを見て生きています。
食べに行ったお店の中で1番カロリーが高そうなものをだいたい注文します。

スポンサーリンク

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

リーグワンを愛して2022

俊徳道ゴールドラッシュ俊徳道ゴールドラッシュ

東大阪ローカルメディア的日常東大阪ローカルメディア的日常

東大阪街角定点観測特設サイト

まず密にならない東大阪名所案内

ついに物販に進出!週ひがエコバッグ販売中。

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

新型コロナウイルス感染症対策サイト(非公式)

プロ野球人名辞典

東大阪の今を知るツイート!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

LINEオフィシャル

週刊ひがしおおさかのLINEアカウントは、週に1,2回東大阪の情報をお届けします。ぜひ友達登録してください。

週間人気記事

この1週間の人気記事

Last Update 2022.05.18

Honya Club.com
ページ上部へ戻る