まもなく最終節!FC大阪をもっと知るためのキャプテン&副キャプテンインタビュー 第1弾

東大阪をホームタウンとするFC大阪。
今シーズンの試合はホーム全試合、アウェーでの試合も可能な限り取材に行っているホッケー梶間です。東大阪のみなさんにFC大阪ってどんなチームなのか知ってもらうために、キャプテン&副キャプテンにインタビューをしてきました。

第1弾は岩本知幸キャプテンと木匠(きつい)貴大副キャプテン。
チームのことだけではなく、2人のサッカー人生についても話を聞きました。

岩本キャプテン(左)と木匠副キャプテン(右)。プライベートでも仲が良いコンビです。

ー今日はよろしくお願いします。改めてこのような形でインタビューさせてもらうと、緊張します。

岩本・木匠 よろしくお願いします。そんな緊張しないでください(笑)。

ーまずは岩本選手から伺います。出身地は?

岩本 岐阜県岐阜市です。

ーサッカーを始めたきっかけを教えてください。

岩本 5歳離れた兄がサッカーをやっていて、小学1年生のときにその影響で始めました。

ー今はDF(ディフェンス)として活躍していますが、当時からDFだったんですか。

岩本 小学5年生のときに身長が168cmあったので、小5からDFやってます。影で支えていたい性格なので、ちょうど良いなと。

ー今はCB(センターバック)ですが、そのときからずっと?

岩本 はい、ずっとCBです。僕自身、後ろにいないと不安にもなるので。

ーCBにピッタリだったんですね。

岩本 CBの主な役割は、主にキーパーの前で守備をすることです。キーパーを除くと一番後ろ。守備陣の中心となります。試合中は前にいる選手に指示を出したり、戦術面だけでなく、チームの精神的支柱にもなります。

ー守備の要ですね。全日本大学選抜やJFL選抜にも選ばれていますが、学生の頃から相当上手かったんですか。

岩本 小学5年生でCBになってからはずっとレギュラーなので、上手かったのかなと(笑)。

木匠 自分で言っちゃいます?笑

2人の会話を聞いていると、本当に仲が良いんだなと伝わってきます。

ーそれだけ上手だったら、順風満帆なサッカーライフを?

岩本 高校生のときに挫折をしたことがあります。

ー挫折ですか。

岩本 東海学園高校に通っていたんですが、僕たちの代の時だけ全国大会に出場することができませんでした。「空白の3年間」と言われたのが辛かったです。

ーなるほど。FC大阪に入ることになったきっかけは。

岩本 阪南大学に進学しサッカーをしているときに、サッカー部がある会社で働きたいなと。塚田卓選手(現在もFC大阪所属)と国体のチームが一緒になって、FC大阪を知ったことがきっかけです。

ー塚田選手と一緒でなかったらFC大阪には入ってなかった可能性も。

岩本 そうですね。

ー今年で8年めのシーズン。いつからキャプテンに?

岩本 キャプテンを務めて今年で7年めになります。

ーということは、2年めからキャプテン。理由はあったんですか。

岩本 当時若い選手が多く、監督やGMなどが話し合った結果、僕が選ばれました。

ーでも、その中から選ばれるというのはすごいですよね。

岩本 僕は最初は断ったんですが、CBをやっていたこともあり、引き受けました。やっぱり、CBはチームの精神的支柱なので。

身振り手振りでインタビューに答えてくれました。

ー今シーズン途中(第5節)でアキレス腱断裂の大ケガがありました。

岩本 今まではほとんどの試合にスタメンで出ていました。完治するまでに半年以上かかるケガをしたのは初めてだったので、モチベーションを維持するのが大変でした。

ーどのように維持したんですか。

岩本 リハビリ施設でめちゃくちゃ良いトレーニングができて、体の調子がどんどん良くなったんです。それが実感できたので、維持することができました。

ー木匠選手、やはり岩本選手のケガはチームとしても痛かったですか。

木匠 はい。モッティー(岩本選手)はチームの精神的支柱なので、(ピッチ内に)いるといないでは全然違います。

ーそれほど大きな存在だったんですね。

木匠 実際に、モッティーがケガをする前までは負けなしで戦えていました。ケガをしてからは、6連敗など悔しい戦いが続きました。

ーたしかに、僕も取材をしていて外から感じていました。

木匠貴大副キャプテン。今年で4年めになります。

ー続いては木匠選手に伺います。出身地は?

木匠 大阪府藤井寺市です。

ーサッカーを始めたきっかけは。

木匠 元々は野球が好きでやっていたんですが、練習が面白くなくて(笑)。小学2年生の時から始めました。

岩本 野球のイメージないなぁ。

ー小学生で野球とサッカーの両方を経験されたんですね。今はMF(ミッドフィルダー)ですが、当時からそうだったんですか?

木匠 いえ、小学生の時はCBをやっていました。でもめちゃくちゃ嫌でしたね。

ーえ!そうなんですか。

木匠 サッカーをしていると、やっぱり点を取りたいじゃないですか。なので、中学からはFWでプレーしました。

ー僕もスポーツをしているので、その気持ちわかります。その精神は今のアグレッシブなプレーに表れていますね。

木匠 相手DFの裏への抜け出し、ゴール前でのプレー、気持ちの入ったプレーが好きです。

ー気持ちの入ったプレー。たしかに、試合中に熱くなっているシーンをお見かけすることがあります。

木匠 FC大阪1の熱男です(笑)。

岩本 間違いないですね(笑)。

ーキャプテンも認める熱男!出身大学は京都産業大学ですよね。

木匠 そうです。知っているんですか?

ーラグビーの取材で行くことがあります。急な坂を登って行くグラウンド。

木匠 神山球技場ですね。そこで練習していました。

ーそうだったんですね。FC大阪に入ることになったのは?

木匠 Jリーグのセレクションに行ったんですが、声が掛からなくて。諦めかけているときにFC大阪のセレクションに。駄目だろうと思ってサッカー自体を辞めて普通に就活しようとしていたら、FC大阪のスタッフから電話が3回も掛かってきたんです。

ーサッカー自体を辞める覚悟だったんですね。

木匠 初めはどうするか悩んだんですが、3回も掛けてもらったので、入ることを決めました。

ースタッフさんの熱い思いが伝わったんですね。現在はMFを務めていますが、具体的にどのようなポジションなのでしょうか。

木匠 攻撃の起点になって、時には得点も取るポジション。攻撃と守備の両方をこなすので、スタミナが必要です。

ー1番走るポジションなんですね。副キャプテンはいつから?

木匠 今年からです。和田監督に電話で直接言われました。

ー監督から直接言われると断れないですね。

木匠 はい(笑)。

木匠選手は髭がトレードマーク!

ー木匠選手といえば、記憶に新しいのが、天皇杯2回戦でベガルタ仙台から得点を取ったときです。

木匠 あの試合は、今シーズンスタメンで出場して初めて点を取りました。

ーあのゴールが今シーズンのベストゴールだと、個人的に思っています。

木匠 もちろんJリーグのチームから点を取れたのはうれしかったです。でも僕の中でのベストゴールは、アウェーでHondaFCから決めたヘディングシュートです。

ーどうしてそれを。

木匠 なかなかヘディングで得点を決めることがないので、うれしかったです。

ーなるほど。来年は多くのヘディングシュート決めて下さい!

木匠 頑張ります!

試合中は熱くなることがある木匠選手ですが、普段はめちゃくちゃ温厚。

ーここからは一緒に質問をします。昨年、東大阪がホームタウンに決まってどう感じていますか。

岩本 ホームタウンが決まるまでは、会場が直前まで決まらなかったり、会場がバラバラだったので、移動も大変でした。

木匠 今年は花園でも試合をすることができて、少しは東大阪の人たちにFC大阪のことを知ってもらえたと思います。

ーホームタウンが決まったことは大きかったんですね。

岩本 はい。あとは、東大阪で試合がもう少しできたらいいなと思います。

ー花園での試合は、木匠選手がゲームキャプテンでした。

木匠 チーム全員で絶対に勝つという気持ちで臨んだんですが…。子どもたちもたくさん応援に来てくれていたので、勝って一緒に喜びたかったです。

ー来年、花園で試合をすることがあれば、次こそは勝利をお願いします!少し話は変わりますが、オフの日はどのように過ごされてますか。

岩本 映画を見に行ったり、実家が喫茶店を営んでいるので、カフェによく行きます。小学1年生のときからブラックコーヒーを飲んでいました。

木匠 小学1年生でブラックコーヒー…。

ー僕は、未だにブラックコーヒーは飲めません。

岩本・木匠 (笑)

木匠 僕は温泉や銭湯に行ったり、買い物をしたりしています。銭湯が好きで試合の後は、よく銭湯に。水野選手と一緒に行くこともあります。

ー選手同士、仲が良いんですね。そういえば、プロフィールを見ていたら、岩本選手の尊敬する人は松本人志さん、木匠選手はダウンタウンさんなんですよ。

木匠 まじっすか(笑)。

岩本 でも、僕ら共通点多いんです。

2人ともおいしいものを食べに行くことが趣味なんだとか。

ー最後に「これだけはチームで1番だ!」というところを教えてください。

岩本 予測力です。「相手が次はここにボールを出すのではないか」など、常に予測しながらプレーしています。

木匠 僕はさっきも言ったんですが、チーム1熱いところです。

ーありがとうございました。

岩本・木匠 ありがとうございました。

第2弾は水野匠弥副キャプテン&舘野俊祐ゲームキャプテンにインタビューします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com