週末のライナーズ2017 対東芝戦 

昨年の東芝戦。鬼神のごとく走るストーバーク選手。

◆試合情報 トップリーグ第12節 対東芝

12月17日(日) 11:30K.O. 熊谷運動公園陸上競技場

◆48時間前メンバー

1 豊田大樹
2 樫本敦
3 尾池亨允
4 山口浩平
5 松岡勇
6 トンプソンルーク
7 田淵慎理
8 イオプ・イオプアソ
9 榎本光祐
10 野口大輔
11 島直良
12 井波健太郎
13 ナイジェル・アーウォン
14 森田尚希
15 セミシ・マシレワ
16 王鏡聞
17 山口知貴
18 才田修ニ
19 マイケル・ストーバーク
20 佐藤幹夫
21 森雄祐
22 吉井耕平
23 南藤辰馬

◆メンバー発表後のTwitterの反応

◆プレビュー

残り2節。入替戦回避には残る東芝戦とコカコーラ戦を連勝しないと話にならないライナーズ は、熊谷運動公園陸上競技場で難関東芝ブレイブルーパスとの戦いに挑みます。

昨年、長居で12-59と大敗したリベンジを果たさねばなりません。

過去5年の対戦成績は、
2016年(13位)●12-59
2015年(7位)●12-58
2014年(12位)
2013年(10位)●19-22
2012年(7位)●30-50

4回の対戦で、3回が50失点以上。ここ2年は序盤に強い当たりに負けてトライを奪われて、そのまま得点を重ね続けられる。というのがパターン化しています。

唯一の接戦である2013年の鳥取は、後半39分まで19-19の同点。もしかしたらと感じたときに、ペナルティからPGを決められました。

今年の東芝は、波に乗れないながらもヤマハを破って底力を見せています。ようやくここにきて安定した戦いが出来ている大きな要因は、11月に加入したSOドナルドのゲームメイクとFLリーチの復調です。今回ドナルドはメンバー外、リーチはリザーブ。これを好機にしなくてはなりません。

よって命題は
1.試合の入りで集中力を持ち、絶対に先制すること。
2.FWで負けないこと
3.攻める時間を確保すること。
4.その上でセットプレーで優位に立てるか
ということになります。キックオフからどういったラグビーをするのか出だしの10分に注目です。

最後に。前節の神戸製鋼戦はアタックの時間も長く、そのかわりに判断ミスやパスミス、ハンドリングエラーなどがいつも以上に目立つ試合になりました。

しかし、それに萎縮することなく東芝にもドンドン攻めてほしいと思います。
一般的に、ミスはミスを意識することで多発します。気合いと根性で減るものでありません。
集中力を高く持ち、自分たちのアタックを完遂して欲しいですね。

◆注目の選手

3尾池亨允
スクラム、ボールキープに活躍を期待。ライナーズの3番は尾池だと印象づけよう。

9榎本光祐
サントリー戦での気迫を再び。ライナーズ らしい強気のSH。

10野口大輔
キックに加えてパスも成長中。自分で攻める強さも兼ね備えてきた。

13ナイジェル・アーウォン
強豪2チームに対し、アーウォンの縦とオフロードは有効だった。よりコミュニケーションアップで得点源に。

◆マッチレポート

Coming Soon…

◆ライナーズのナイスプレー

試合後、お楽しみに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

MaechanYK

MaechanYK東大阪探検隊隊長・編集長

投稿者プロフィール

特定非営利活動法人週刊ひがしおおさか代表編集長兼東大阪探検隊隊長。
ふとした思いつきからはじめたWEBサイトが、もうすぐ10年。
もっともっと影響力を持ったサイトにしていきたいです。

好きなモノ:近鉄ライナーズ、阪神タイガース、競馬、ゲーム、プラモデル、楽でお金になる仕事。
嫌いなモノ:愛、本物

この著者の最新の記事

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

koukouyakyuumatome東大阪甲子園への道

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

プロ野球人名辞典

スポンサーリンク


スポンサーリンク

JPEGイメージ-8E4EDFEBD87B-1
東大阪の情報沢山!

ページ上部へ戻る
スポンサーリンク
Honya Club.com