変わる東大阪の街 教育委員会跡(東横イン予定地)01 工事は進められていません

   

再開発を追う連載「変わる東大阪の街」シリーズ。前回の小阪に続き近鉄奈良線です。
前回はこちら↓

今回は河内永和駅南西、旧荒川庁舎及び旧教育センター跡地。荒川3丁目です。

昔近鉄奈良線から「東大阪市教育委員会」と大きな看板が見えていた建物の跡です。
JRおおさか東線の新大阪駅延伸で注目される再開発事業は、東横インが西日本最大級の規模を持つホテルを建設すると2019年10月10日に発表されています。名付けて「旧荒川庁舎及び旧教育センター敷地活用事業」です。

そのときの東大阪経済新聞のニュースはこちら。
東大阪・河内永和駅前に東横イン 873室、2021年10月開業へ(東大阪経済新聞)

東大阪市の公式発表はこちら。
旧荒川庁舎及び旧教育センター敷地活用事業の事業者募集(東大阪市)

予定では地上19階建てのビジネスホテルが2021年10月開業。しかし、そんな動きは見られません。新型の感染症が流行している今、遅れるのは致し方ないでしょう。

予定地を南東から。

白い壁で覆われています。業界用語では「防護柵」と呼ぶそうです。

隙間から見ると、

何かを建てている形跡はありません。取り壊したまま。敷地の東側です。

柵の上からのぞいてみます。今度は西側を。

変わらず何もありません。

それならと、JRの駅ホームから撮影しました。

取り壊したままの更地です。来月の開業は当然難しですが、相当な計画の変更が予想されます。

建築計画概要はまだ計画のまま。

工事予定期間は、2020年6月上旬から2021年9月下旬まで。
現実的な期間ではありません。

客室数873室、駐車場234台。巨大な計画であることがこの数字から読み取れます。

出入り口であろう北東側から。

東大阪でよく見る類の落書きが。消されていないと言うことは、しばらくこの入り口自体が使用されていないのでしょうか。

河内永和駅東エリアは再開発が進んでいます。

工事の進捗や計画の変更など、下記週刊ひがしおおさか公式LINEよりお知らせします。ぜひ登録を。

友だち追加

スポンサーリンク

編集長 前田

編集長 前田東大阪探検隊隊長・編集長

投稿者プロフィール

特定非営利活動法人週刊ひがしおおさか代表編集長兼東大阪探検隊隊長。
ふとした思いつきからはじめたWEBサイトが、13年。
これからは地域に嵐を呼びます。覚悟しろ!

好きなモノ:近鉄ライナーズ、阪神タイガース、競馬、ゲーム、プラモデル、楽でお金になる仕事。
嫌いなモノ:愛、本物

スポンサーリンク

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


週ひがの連載

俊徳道ゴールドラッシュ俊徳道ゴールドラッシュ

東大阪ローカルメディア的日常東大阪ローカルメディア的日常

東大阪街角定点観測特設サイト

まず密にならない東大阪名所案内

ついに物販に進出!週ひがエコバッグ販売中。

東大阪の3つのラグビースクールを紹介。

sweets_banner東大阪のスイーツ店を網羅する人気連載。

ラグビーの話をしよう

kaisha_tanbou東大阪といえば、モノづくり。

nejikore_bana東大阪のねじをコレクション。

新型コロナウイルス感染症対策サイト(非公式)

プロ野球人名辞典

東大阪の今を知るツイート!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

LINEオフィシャル

週刊ひがしおおさかのLINEアカウントは、週に1,2回東大阪の情報をお届けします。ぜひ友達登録してください。

週間人気記事

この1週間の人気記事

Last Update 2021.04.17

Honya Club.com
ページ上部へ戻る